トップ > サポート情報 > 製品Q&A
製品Q&A
キーワード&文書番号検索
製品Q&A > 【ストレージ】 > ・ハードディスク > ハードディスク(ELECOM) > 設定・フォーマット関連
製品Q&A > 【ストレージ】 > ・ハードディスク > ハードディスク(Logitec) > 設定・フォーマット関連
製品Q&A > 【ストレージ】 > ・ハードディスク > ハードディスク(Seagate) > 設定・フォーマット関連
製品Q&A > 【ストレージ】 > ・ハードディスク > ハードディスク(LaCie) > 設定・フォーマット関連
文書番号:6223
Q.【HDD】Macで複数パーティション作成する方法/1つのハードディスクを2つ(複数)に分割したい
 

複数パーティション作成方法


 複数パーティションを作成すると、
 Mac上では作成したパーティションの数だけ、
 ハードディスクのアイコンとして表示されるようになります。

 ※MacOSX 10.11 El Capitanをご利用の方は、こちらをご覧ください。
  準備
 パーティションを作成する際、ハードディスク内のデータはすべて削除されます。

 ハードディスクの中にしか保存されていない重要なデータがある場合は、
 必ずバックアップを取るようお願いいたします。

 以下操作の前に、Macにハードディスクを取り付けておいてください。


  ディスクユーティリティを起動します
1. ディスクユーティリティの開き方

  ・Finder画面の右上メニューバーから「移動」をクリックします。
  ・
メニューの中から「ユーティリティ」を選択します。






2.ユーティリティから、「ディスクユーティリティ」をクリックします。






3.「ディスクユーティリティ」ウィンドウが表示されます。

  接続しているハードディスクが画面左側に表示されますので、
  
容量の記載があるディスクをクリックします。

  
※今回は例として、500GBのハードディスクを接続しています。

  HDDが認識しない等のトラブルでお困りの方はこちら




  パーティションを作成します
1.パーティションタブ」をクリックします。

  パーティションというタブが無い場合、
クリックしている箇所が違う可能性があります。
容量の記載のあるディスク表示をクリックしているか、もう一度ご確認ください



2.赤枠内の「現在の設定」をクリックします。



3.作成したいパーティション数を選択します。

  以下画像では、例として2パーティションを選択しています。


  



4.パーティションを選択すると、以下のような画面になります。

  
オプション」をクリックします。





5.GUIDパーティションテーブルを選択します。

   ※WindowsXPと併用する場合のみ、マスターブートレコードを選択してください。


  



6.作成したパーティションの詳細設定を行います。

   
2パーティション作成した場合は、
  以下の図のように名称未設定1・2というように別れます。




7.パーティション情報にて、
  パーティションの名前、フォーマット(ファイルシステム)、
  サイズを変更可能です。



 
名前
 Mac上で表示される名前を設定できます。


 ※未入力の場合は「名称未設定1」などがあらかじめ入力されます。

フォーマット
 パーティションのフォーマットシステムを選択できます。


 以下のような選択画面から、選択します。

 

 Macのみで利用する場合は「MacOS拡張」を選択してください。
 Windows8.1、7、VistaとMacOSと併用して利用する場合は「exFAT」を選択します。

サイズ
 作成したパーティションのサイズを設定します。





8.同様に、「名称未設定2」をクリックし、
  パーティション設定をおこないます。


   2パーティション以上作成した場合は、それに応じて複数設定を行ってください。

   この作業中は、パーティションタブ以外の画面に切替をしないでください。
 




9.設定が完了しましたら、画面右下の「適用」ボタンをクリックします。






10.以下のような注意ウィンドウが表示されましたら、
   「パーティション」をクリックします。


   このパーティションを選択することによって、
   外付けハードディスク内のデータはすべて削除されます。


  




11.フォーマットが開始されると、
   画面下にフォーマット経過を表すインジケータが表示されます。
   完了するまで少々お待ち下さい。







12.フォーマットが完了すると、
   以下のようなメッセージが表示される場合がございます。


   通常のハードディスクとして利用する場合は、「使用しない」を
   TimeMachineのバックアップ用として利用したい場合は、
   「後で決める」または「バックアップディスクとして使用」のどちらかを選択してください。






  正常に作成できたかを確認します

1.フォーマットが完了しましたら、
  以下のように作成したパーティションが表示されます。


  

以上で、複数パーティションの作成は完了です。


目的のページが見つからない場合は、
「Google」によるエレコムサポート内検索もお試しください。

Google
WWW を検索qa.elecom.co.jp を検索

※最新情報など、一部ヒットしないページもございます。



  

各種機器との設定方法を紹介しています。
サポートポータル ELECOM SUPPORT (えれさぽ


作成日時:2015-01-09
更新日時:2015-11-09

▲ページTOPへ戻る
製品Q&A > 【ストレージ】 > ・ハードディスク > ハードディスク(ELECOM) > 設定・フォーマット関連
製品Q&A > 【ストレージ】 > ・ハードディスク > ハードディスク(Logitec) > 設定・フォーマット関連
製品Q&A > 【ストレージ】 > ・ハードディスク > ハードディスク(Seagate) > 設定・フォーマット関連
製品Q&A > 【ストレージ】 > ・ハードディスク > ハードディスク(LaCie) > 設定・フォーマット関連
 
製品Q&Aトップページに戻る