トップ > サポート情報 > 製品Q&A
製品Q&A
キーワード&文書番号検索
製品Q&A > 【ネットワーク】 > ・Wi-Fi (ルータ)
文書番号:4159
Q.【ご参考】いまさら聞けないインターネット・ネットワーク概論 4/5
 

本コンテンツは、ネットワークのイメージをわかりやすく解説したご参考資料となります。
実際の詳細とは相違がある場合がございます。予め、ご容赦ください。


<目次>

基本13 宅内のネットワークは?
基本14 ルータの機能
基本15 ルータを介した有線・無線の接続アイコン
基本16 二重ルータの環境


       



<基本13 宅内のネットワークは?>

WAN IPをもつということは、先に説明したとおり、
地球規模でのネットワークとなります。

ルータが、WAN IP を取得した状態は、
地球規模で「
唯一無二」の存在であることがわかります。





ルータから宅内側のネットワークについて説明します。 丸で囲った部分です。





これも、IPアドレスによる、ネットワークとなっています。
便宜的に、LAN IP(ローカル・エリア・ネットワーク・IP)アドレスといいます。

ロジテックのルータを例とした場合、以下となります。

ルータ 192.168.2.1
各パソコン 192.168.2.100~102



すべて、3番目の数字が「2」になっています。

これを
セグメントといいます。


内のネットワークはすべて、「2」のセグメント(グループ)で、
重複のないIPアドレス(名前)になっていることがわかります。


これが、ローカルなネットワークとなります。






<基本14 ルータの機能>

ルータは、WAN IPを一元管理する以外に、
別途、192.168.2.1 というIPアドレスをもっています。
(※エレコム・ロジテックルータの場合)

 
「僕の名前は192.168.2.1だよ!」


そして、自分の配下になる端末(パソコンやスマートフォン、ゲーム機等)に
IPアドレスを振ります。



<有線>














ルータが名前(IPアドレス)を付与することで、
同じ、「2」のセグメント=仲間になりました。





<無線> も同様です。








同様に、ルータが名前(IPアドレス)を付与することで、
同じ、「2」のセグメント=仲間になりました。




ルータの機能とは・・・

    


以下2つの機能をもっています。

①WAN IPの一元管理。  ISPとの接続方法は
 PPPoE/DHCPいずれかの設定が可能。
②自分の配下(有線/無線)にIPアドレスを振る。  エレコム・ロジテックルータの場合は、
 192.168.「2」.(100~の連番)


これはルータの仕組みでありルータの機能となります。

(※ルータ機能のすべてではありませんが、
通常ご利用頂くにあたり、本コンテンツで抑えて頂きたい内容のみとなります。)





<基本15  ルータを介した有線・無線の接続アイコン>





有線は、ローカルエリア接続。
無線は、ワイヤレスネットワーク接続。


以下の接続アイコンに、
ルータから、IPアドレス(192.168.「2」.100~の連番)が付与されます。

名称 イメージ 
<ローカルエリア接続>
(有線LANケーブル)
 
<ワイヤレスネットワーク接続>
(無線Wi-Fi)
 


<有線:ローカルエリア接続>




※ルータから、IPv4アドレスに「192.168.2.100」が付与されています。



<無線:ワイヤレスネットワーク接続>




※ルータから、IPv4アドレスに「192.168.2.101」が付与されています。


よって、ルータが付与したIPアドレスは、同じセグメント(この場合「2」)であるため、
ルータが一元管理している「WAN IP」を経由して、インターネットができるのです。





ルータから、IPアドレスが付与されているかは、

以下操作で確認可能です。

 文書番号:4401 【無線ルータ】Windows8:IPアドレス確認方法
 文書番号:4069 【無線ルータ】Windows7:IPアドレス確認方法
 文書番号:4070 【無線ルータ】WindowsVista:IPアドレス確認方法
 文書番号:4071 【無線ルータ】WindowsXP:IPアドレス確認方法
 文書番号:4072 【無線ルータ】MacOSX:IPアドレス確認方法


インターネットの通行手形(WAN IP)の一元管理と、
自分に接続された有線・無線の端末にIPアドレスを付与する

・・・これがルータによるインターネットの仕組みです。


(※ルータ機能・インターネットの仕組みすべてを記載しているわけではありません。
通常ご利用頂くにあたり、本コンテンツで抑えて頂きたい内容のみとなります)





<基本16 二重ルータの環境>

WAN IPは、契約においてひとつの為、
全体の環境を考えて設定しないといけません。

特に、PPPoEによるISPとの接続方法においては、
機械にISPから提供された「
ユーザー名」、「パスワード」を登録しなければ、
WAN IPを付与されない為、しっかり、確認することが必要です。


<基本11をご参照>


それでは、以下を例に二重ルータの環境について説明します。
以下2つのルータを
前提とします。

ルータ名 IPアドレス
 192.168.「1」.1
 192.168.「2」.1





以下に、ルータAでインターネット環境 している図です。




ルータAには、PPPoE設定がされており、WAN IPを取得しているものとします。
また、ルータAの配下は、「1」のセグメントで、インターネットがみれている環境です。






そこに、ルータBをいれると、以下のようになります。

ルータBは、自分の配下に、「2」のセグメントを付与しています。
ただし、インターネットを見る通行手形のWAN IPをもっているのは、

「1」のセグメントのルータAなので、
「2」のセグメントのパソコン達は、インターネットが見れなくなります。






こうなると、ルータAを撤去し、ルータBにPPPoE設定をするか、

もしくは、上記接続環境で、
ルータBを、AP(アクセスポイント)モードにするしかありません。



※補足※
ルータAからのケーブルが、ルータBのWANポートに接続した場合は、ルーティング機能によって
上記構成でインターネットが可能です。





なお、ルータBを、AP(アクセスポイント)モードにした場合は、
以下の様になります。



                                                                                                                      

AP(アクセスポイント)モードは、ルータとしての以下機能を、

完全に封印するイメージとなります。

①WAN IPの一元管理。  設定していたとしても、
 管理しなくなります。
②自分の配下(有線/無線)にIPアドレスを振る。  振りません。


よって、有線・無線の受口のみとして機能し、
上位のルータからのセグメント環境(例では「1」)となるので、インターネットが可能となります。


APモード=HUB(ハブ)のイメージ


※正確には、APモードにしてもIPアドレスは保持したままです。





       

作成日時:2012-06-19
更新日時:2014-08-19

▲ページTOPへ戻る
製品Q&A > 【ネットワーク】 > ・Wi-Fi (ルータ)
 
製品Q&Aトップページに戻る