トップ > サポート情報 > 製品Q&A
製品Q&A
キーワード&文書番号検索
製品Q&A > 【ネットワーク】 > ・Wi-Fi (ルーター) > トラブル
文書番号:2845
Q.【Wi-Fiルーター】【LAN-】【2.4GHz】無線LAN接続が安定しない(すぐ切れる)/SSID(logitec xx)が検出されない/無線が途切れる(据置ルーター)
 

本コンテンツは、2.4GHz帯 を利用しているSSIDに対しての設定となります。

→ 5GHz帯 のチャンネル変更は、こちら






型番 パッケージイメージ メーカー刻印 
 ・LAN-から始まる型番
 ・据え置き型

 ※ホテルルーター除く
本体に
Logitec
の記載








※チャンネル変更方法は、製品のシリーズによって、設定が異なります
上記シリーズ(製品)に該当しない場合は、以下から該当シリーズをご確認の上、リンク先を参照下さい。











ルーターとWi-Fi端末間は、基本113のいずれかの無線チャンネルで接続しています。




 






ただし、ご使用になるWi-Fi機器(スマートフォン、パソコン等)によっては、
12ch(チャンネル)
及び、13ch(チャンネル)が使用できない場合があります。


この場合は、弊社製品を11ch(チャンネル)以下に固定してください。

※なお、12chと13chが対応しているかについては、利用端末のメーカへご確認下さい。








ご近所等にたくさんのWi-Fi機器がある場合、
電波干渉して 通信が安定しない場合 があります。

※複数の電波を拾ってしまう、電波を拾っているのに繋がらない・・・等。

この場合は、使用するch(チャンネル)を変更することで
電波干渉を軽減できる場合があります。


 

 





下記は、ch(チャンネル)の幅を視覚化した表になります。

ご利用の環境でWi-Fiが不安定の場合は、別のchにすることで、干渉を軽減できる可能性が高いです。
一例としては、被りにくい 1ch、6ch、11ch のいずれかからお試しすることを推奨します。



現在、弊社ルーターから発しているch(チャンネル)を知りたい場合は、以下の変更方法にて、ご確認ください。







 ルーター(弊社製品)の準備を行います。モードを【RT(ルーター)モード】に切り替えます。


 

      




 

大型・中型タイプのルーター
背面



スライドスイッチ 

小型タイプのルーター
底面

 


スライドスイッチ 
 


ルーターの電源が入っていない状態で、製品背面(または底面)のスライドスイッチを、
RT(またはRouter)にスライド してください。

※スライドスイッチの有無、場所、名称は、型番によって異なります。



 ルーター(弊社製品)の「黒い受口」とパソコンをLANケーブルで接続します。

パソコンと無線親機(1番ポート)をLANケーブルで接続します。
※無線設定の変更の為、設定中は有線で接続頂く事を推奨しております。

   



 パソコンからブラウザを起動します。

インターネットを閲覧するソフトが、Internet Explorer ( のマークのついたソフト)の場合は、
以下のアイコンをダブルクリックして起動してください。

MacOSをご利用中の場合は、Safari を起動します。
※基本、インターネットが見れるブラウザアプリであれば何でも結構です。



 アドレスバーに以下の数字と、「.」(どっと)を入力します。

ブラウザのアドレスバーに、以下、数字と  . (ドット)を入力しEnterキーを押します。

 

192.168.2.1



   アドレスバーへの入力イメージ


    


  . (ドット)は、以下赤枠のキーとなります


     


<ご注意>


ブラウザを開いた際に、「このページは表示できません」 といった画面が表示されても構いません。
アドレスバーに、【192.168.2.1】 を入力して頂きます様、お願い致します。




 「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。

・入力画面が表示されたら、上下の入力項目に admin(あどみん)と入力します。
2つめの項目(パスワード)は、* または ● と表示されますが、admin とご入力ください。

 

admin

(半角小文字)


Windows10の場合

Windows8 Windows7の場合
 
WindowsVistaの場合
 
WindowsXPの場合
 




 管理用画面が開きますので、「詳細設定(上級者向け)」をクリックします。





 左側の「無線LAN設定」→「基本設定」を開き、任意のチャンネルに変更後、
 「適用」を押します。

チャンネルの項目に、「Auto」か、「現在のchとして1~13のいずれかの数値」が表示されています。

この項目を変更することで、任意にch(無線のチャンネル)を変更することが可能です。
ch変更の一例としては、被りにくい 1ch、6ch、11ch のいずれかからお試しすることを推奨します。



 次に 「更新」 → 「OK」の順で設定を保存します。


※型番により、「OK」が表示されない機種もあります。




 無線接続したいパソコンをルーターとLANケーブルで接続していた場合は外します。

 




 再度、Wi-Fi(無線)接続をお試しください。

ルーターのchを変更(以下図だと6chに変更)したことで、インターネットが安定するかをご確認下さい。

 


1)SSIDが検出されない、2)無線接続が安定しない場合は、
上記の同じ手順で、別ch(チャンネル)に変更をお試しください。

なお、ルーターを「APモード」でご利用されていた際には、
電源を抜いて裏面の切替スイッチをAPモードへ変更後、再度電源を入れてください。




<ご参考>

無線のみではなく、有線でも接続できない
・どの無線端末でもご利用いただけない
・特定の端末のみでしかインターネットに接続できない

上記のどれかに当てはまる場合は、ルーターの設定が正しいかをご確認ください。
→ ルーターの初期設定ができません/2台目以降が接続できません



チャンネル変更を行っても無線が不安定な場合は、以下のリンク先をご参照ください。
→ 【えれさぽ】【Wi-Fiルーター】初期設定できない/突然インターネットへ接続できなくなった/電源が入らない/LEDが点灯しない/制限付きアクセスと表示される/電波が弱い/電波が不安定







作成日時:2010-03-16
更新日時:2016-12-15

▲ページTOPへ戻る
製品Q&A > 【ネットワーク】 > ・Wi-Fi (ルーター) > トラブル
 
製品Q&Aトップページに戻る