トップ > サポート情報 > 製品Q&A
製品Q&A
キーワード&文書番号検索
製品Q&A > 【ネットワーク】 > ・Wi-Fi (USBアダプター) > ソフトウェアAPモード
文書番号:4052
Q.【Wi-FiUSBアダプタ】ソフトウェアAPモード(親機モード)の設定方法を教えてほしい/設定しても接続できません(Windows8)
 
無題ドキュメント
Wi-FiUSBアダプタWindows8設定方法
ソフトウェアAPモード(親機モード)の設定方法を教えてほしい
/設定しても接続できません(Windows8)


ソフトウェアAP(アクセスポイント)モードをご利用される際の「制限事項」「設定方法」を以下に記載します。


ご利用の前にご確認ください

お使いの弊社製品とパソコンのOSが、ソフトウェアAPモードに対応しているか以下のリンク先でご確認ください。



※どちらか一つでも対応していない場合、ソフトウェアAPモードは利用できません



製品型番やドライバによって、 本コンテンツで説明するアイコンやユーティリティ画面、メニュー内容等が異なる場合があります。
ただし、設定手順は同様ですので、本コンテンツでは、新旧併せて手順を記載しております。

▼アイコン例

最新ドライバ 四角いアイコン
旧ドライバ 逆三角計のアンテナのようなアイコン


※Windows8でご利用の場合、最新ドライバが必要になります。
最新ドライバインストール方法は こちら


※「LAN-」から始まる型番はWindows8.1ではソフトウェアAPモード非対応です。
※「WDC-」からはじまる型番はWindows8.1でもソフトウェアAPモードに対応しています。
詳しい解説は以下のリンク先をご覧ください





もくじ



親機(ソフトウェアAP)モードとは?

有線」でインターネットが可能なパソコンに、弊社無線LANアダプタをパソコンに装着し、設定することで、「パソコン本体」 を 「アクセスポイント」にするものです。

1.製品の特性
・ 本製品は「パソコンのみ」の使用となります。
・ テレビやプリンタのUSBの受口に挿しても無線機能はつきません。

2.製品の使用図
「有線」 で 「インターネットが可能」 なパソコンに「無線LANアダプタ」を装着します。



パソコン を 「アクセスポイント」 にすることで、スマートフォンやiPhone、ゲーム機などがWi-Fi通信可能になります。



3.Wi-Fi機器がインターネットに接続できる仕組み


① 「有線環境」でインターネットが見れるパソコンが前提です。
② 親機(ソフトウェアAP)モードで、ロジテック無線アダプタのIPアドレスは「192.168.123.1」になります。
③ ICSにより、「WAN(インターネット)の受口」が正しく選択 されていることが必要です。


STEP1.制限事項


以下の制限事項に該当する場合は、親機(ソフトウェアAP)モードを使用できません。


1.インターネットが見れるパソコンは 「有線」接続 ですか?
以下の図のように、パソコンが「無線」でインターネットに接続している場合は使用できません。
※サポート外となります。

この場合、モデムとパソコン間を「有線」接続する必要があります。

<NG例>※パソコンが【無線】でインターネットに接続している



<OK例>※パソコンが【有線】でインターネットに接続している



Windows8、7の場合は、モデムまたは上位機器に「ルータ機能が必要」です。
機能があるかご不明の場合は、パソコンとLANケーブルで繋がっている機器のレンタル元(ISP等)やメーカへお問い合わせ下さい。


2.弊社製品の子機は、親機(ソフトウェアAP)モードに対応していますか?
製品パッケージの表記、または同梱のマニュアルでご確認ください。
裏面に以下の様な表記があります。



3.以下のOSや環境の制限事項を満たしていますか?
WindowsXP WindowsVista Windows7 Windows8
言語 日本語OSのみ 日本語OSのみ 日本語OSのみ 日本語OSのみ
Service
Pack
SP3以上 SP2以上
新ドライバ
旧ドライバ ×非対応
環境制限 インターネット接続が、ダイアルアップ接続以外。
(ローカルエリア、広帯域、ブロードバンドで可)

STEP2 で確認できます。
以下いずれかが必要です。

・モデムにルータ機能がある
・インターネット環境に 有線 or 無線ルータがある


SP=ServicePack(サービスパック)の略です。

※【MacOS】、【Windows7 Starter】には対応しておりません。


ご参考 : Windowsのサービスパック参照方法-OS共通-

スタート(メニュー)

⇒ コンピュータ(マイコンピュータ)にカーソルをあわせて、右クリックします。
⇒ 「プロパティ」をクリックします。




表示されている「Service Pack」の数字を参照します。



SP(サービスパック)が対応していない場合はアップグレードしてください。

なお、アップグレード方法はご不明な場合は、パソコンメーカーにご相談されることをお勧めします。



4.ドライバは最新ですか?
ドライバを最新のものに再インストールしていただくと解決する場合があります。

ドライバを最新のものにアップグレードしたい場合は、以下リンクを参考にアンインストール・再インストールを行ってください。




STEP2.有線インターネットの受口確認


一度、パソコンでインターネットを開きます。(どのページでも可です)



インターネットが接続できたあと、以下からご利用OSごとの解説をご覧ください。



Windows8 の場合 ※新ドライバのみ対象です
キーボードの「Windows」キーと、「X」キーを同時に押します。




以下のようなメニューが表示されます。


コントロールパネル」を選択します。


ネットワークの状態とタスクの表示」を選択します。



※上記のような画面が表示されない場合は、画面内の「ネットワークと共有センター」のアイコンを選択してください。



アダプターの設定の変更」を選択します。



インターネットに接続しているアイコンが以下のいずれかを確認します。
接続アイコンが複数ある等、どの接続アイコンが「有線インターネットの受口」かの判断がつかない場合は、契約されているインターネット会社にご相談ください。

名称/表示例 使用可否
<ブロードバンド接続>


※右下に「モデム」の表示

青枠の部分 は以下のような表示
・ブロードバンド接続
・プロバイダ会社名
(例:OCN、EO光)
・インターネット接続
このアイコンがインターネットの受口の場合、「ルータ機能がない」または「使用していない」ことを意味しています。
この場合、親機(ソフトウェアAP)モードは使用できません。
モデムまたは、モデムにつないでいる機械にルータ機能があるかを、ISP(プロバイダ)にご確認ください。
ルータ機能がある場合は、その機械にインターネット設定をしていただく必要があります。
<ダイヤルアップ接続>


※右下に「電話機」の表示

青枠の部分 は以下の様な表示。
・ブロードバンド接続
・プロバイダ会社名
(例:OCN、EO光)
・インターネット接続
<ローカルエリア接続>

上記の2つのようなアイコンがなく、「ローカルエリア接続」アイコンのみの場合はルータ環境でインターネットされていることを意味します。
上位の機器がルータ(またはルータ機能のあるモデム)であれば、親機(ソフトウェアAP)モードを使用できます。

※上位機器のルータ機能有無につきましては、ISP(プロバイダ)または、機器メーカーへご相談ください。

お客様の画面上での、アイコン下にある、赤枠の名称を控えて次の STEP3 に進んでください。
もし、赤枠部分に名称が表示されていない場合は、アイコンを右クリック ⇒ プロパティを選択で見れます。

STEP3.ドライバをインストールする

必ず製品を外した状態でインストールを実行してください。
インストールは画面の手順に従って実施してください。

※すでに、インストールされている場合は、 途中からアンインストールが実行される場合があります。
その場合は、そのままアンインストールをして頂き、パソコンを再起動後、再度インストールをお願い致します。



エラーが発生した場合は以下をご参照ください。

「ICS is already bound by another network device」 と表示された場合




<OSによって画面内容は若干異なりますが、操作手順は同じです>

STEP2 の手順で「接続アイコン」を表示させます。
「ローカルエリア接続」 のアイコンを右クリックして、「プロパティ」を選択します。




【共有】タブを開き「ネットワークのほかのユーザーに、・・・許可する」のチェックを外します。




「ブロードバンド接続」 または、「プロバイダ名のアイコン」 のアイコンがある場合も、右クリックして「プロパティ」を選択します。




【共有】タブに切り替え、同様のチェック箇所の「チェック」を外して「OK」ボタンで閉じます。






STEP4.親機(ソフトウェアAP)モードへの切替


Windowsの画面右下に、本製品のアイコンがあるかをご確認ください。
最新ドライバ 四角いアイコン
旧ドライバ 逆三角計のアンテナのようなアイコン


なお、Windows8や7、WindowsVistaの場合は、アイコンが隠れているケースがあります。
その場合は、以下の様に「」ボタンを押してご確認ください。


上記のアイコンとは異なるアイコンが表示されている場合

以下のリンク先をご参照ください。


表示されているアイコンが、アルファベットの「A」マークの場合
「Aアイコン」にカーソルを合わせて、右クリックします。




Clientモードにスイッチ】または【クライアントモードに変更】を選択します。

※OSや型番によってメニューの内容や名称が異なる場合があります。






変更後、 次の手順に進んでください。

表示されているアイコンが、「四角いアイコン」または「アンテナマーク」
「四角いアイコン」または「アンテナアイコン」にカーソルを合わせて、右クリックします。





APモードにスイッチ】または【APモードに変更】を選択します。 ※OSや型番によってメニューの内容や名称が異なる場合があります。




親機(ソフトウェアAP)モードが起動します

または、




※型番によって表示が異なる場合があります。


エラーが表示されたら

「ICS is already bound by another network device」 と表示された場合




<OSによって画面内容は若干異なりますが、操作手順は同じです>

STEP2 の手順で「接続アイコン」を表示させます。
「ローカルエリア接続」 のアイコンを右クリックして、「プロパティ」を選択します。




【共有】タブを開き「ネットワークのほかのユーザーに、・・・許可する」のチェックを外します。




「ブロードバンド接続」 または、「プロバイダ名のアイコン」 のアイコンがある場合も、右クリックして「プロパティ」を選択します。




【共有】タブに切り替え、同様のチェック箇所の「チェック」を外して「OK」ボタンで閉じます。




Before using SoftAP, please radio on...」エラー が表示された場合



※このエラーは、旧バージョンのドライバのみとなります。



アイコンにカーソルをあわせて右クリックします。




クライアントモードに変更】を選択します。 ※OSや型番によってメニューの内容や名称が異なる場合があります。




電波ON/OFF】を確認し、OFFならONにクリックで変更します。






STEP4 から再実行してください。



Before using SoftAP, please radio on...」エラー が表示された場合

親機(ソフトウェアAP)モードに正しく切り替わっていません。

上記【STEP4】の「1」に戻り、一度、クライアントモードに切り替え後、再度、親機(ソフトウェアAPモード)に切り替えてください。


以下の画面が表示されたら、設定をしてください。
インターネット環境によっては以下の画面が表示されない場合があります。
その場合は、手順4に進んでください。
新ドライバの場合


○WANアダプタ名 有線でのインターネット接続の受口を意味します。
赤枠部分をクリックし、STEP2 で控えた受口名を選択してください。

※STEP2 の「有線の接続アイコンの名称」を選択することが一番重要な設定になります。
○LANアダプタ名 弊社製品の型番が表示されます。


確認後、「」ボタンを押します。

旧ドライバの場合


○WANアダプタ名 有線でのインターネット接続の受口を意味します。
赤枠部分をクリックし、STEP2 で控えた受口名を選択してください。

※STEP2 の「有線の接続アイコンの名称」を選択することが一番重要な設定になります。
○LANアダプタ名 弊社製品の型番が表示されます。


確認後、「OK」ボタンを押します。

起動したユーティリティのIPアドレスを確認します。
新ドライバの場合


192.168.123.1】 になっていれば、設定は終了です。
接続されたい端末 から、SSID「logitecAP-XX」を検出し接続してください。

※ XXは、ユニークな値になります。

旧ドライバの場合


バージョン】タブをクリックし、IPアドレスを確認します。
192.168.123.1】 になっていれば、設定は終了です。

接続されたい端末 から、SSID「logitecAP」を検出し接続してください。

セキュリティ設定を続けてご希望の場合は、以下のリンク先をご覧ください。



このページの解説で接続できない場合は

このページの解説に沿って設定をしてもインターネットが見られない場合、以下をお試しください。
パソコン内蔵の無線LAN機能がある場合は、機能を【無効化】する。
STEP2の画面でワイヤレスネットワーク接続が複数ある場合、Logitec名以外のワイヤレスネットワーク接続を右クリックして「無効にする」を選択してください。



すべての接続アイコンの【共有タブ】内にチェックがあれば外します。
詳細は以下のリンクをご覧ください。

<Windows8、Windows7、Windows Vista>



<WindowsXP>



※WindowsXPの場合は、あわせて以下もご確認ください。


Windowsファイアーウォールの設定を変更する必要があります。
Windowsファイアーウォールが、インターネットをブロックしている可能性があります。
一度、ファイアーウォール自体の動作を停止させ原因をご確認ください。

※パソコンのセキュテリィ対策の環境設定になるため、詳しくはパソコンメーカー、またはセキュリティ対策ソフトメーカーにご相談ください。



ご使用いただいているセキュリティソフトの設定を変更する。
ご利用のセキュリティソフトがインターネットをブロックしている可能性があります。

※パソコンのセキュテリィ対策の環境設定になるため、詳しくはパソコンメーカー、またはセキュリティ対策ソフトメーカーにご相談ください。

●シマンテック社



●トレンドマイクロ社



●ソースネクスト社



●ジャストシステム社



●McAfee社


ソフトウェアAPモードをファイアウォールへ例外登録する
例外登録に設定することで、正しく動作する可能性があります。


IPアドレスの変更
本製品を接続しているパソコンのIPアドレスが「192.168.0.xxx」の場合、ソフトウェアAPモードが正しく動作しないことがあります。


【ブリッジ接続】を試してみる
手動でICSを実施するイメージです。
設定方法は以下リンク先をご参照ください。


チャンネル変更を試してみる
ソフトウェア・アクセスポイント(親機)モードのチャンネルを変更する方法です。
変更方法は以下リンク先をご参照ください。



すべて試しても失敗する場合は

別のパソコンで接続できるかお試しください。
別のパソコンでも失敗する場合は、本製品の不具合の可能性があります。
その際は、修理センターへの送付をご検討ください。


作成日時:2012-04-26
更新日時:2024-06-20

▲ページTOPへ戻る
製品Q&A > 【ネットワーク】 > ・Wi-Fi (USBアダプター) > ソフトウェアAPモード
 
製品Q&Aトップページに戻る


エレコム製品サポートはこちら!製品に関するお困りごとを解決します。


このQ&Aについて、アンケートにご協力をお願いいたします。


解決した

解決しなかった


エレコムの公式通販サイトからお知らせ