トップ > サポート情報 > 製品Q&A
製品Q&A
キーワード&文書番号検索
製品Q&A > 【ネットワーク】 > ・LANケーブル
文書番号:5089
Q.【LANケーブル】パソコン同士のデータ転送を行いたい
 
パソコン同士のデータ転送を行いたい

パソコン同士のデータ転送を行う為には以下のような方法があります。
本コンテンツでは、LANケーブルを使用したデータ転送の方法を説明しております。

方法 概要 リンク
LANケーブル  PC同士をLANケーブルで接続して
データ転送を行う方法です。
本コンテンツ
 USBメモリ USBメモリに必要なデータを移し
転送先にデータを移動する方法です。
リンク
 外付けHDD 外付けHDDに必要なデータを移し
転送先のPCにデータを移動する方法です。
リンク
 リンクケーブル PC同士をリンクケーブルで接続して
データ転送を行う方法です。
リンク





 はじめに

パソコン同士を接続して、データの転送をする手段として、
2台のパソコンをLANケーブル(クロスケーブル)で接続し、データを転送することが可能です。




前提条件として、パソコン同士がお互いを認識するように設定する必要があります。
※IPアドレスの設定等。

ルーターがある環境とは違い、あくまで、パソコン同士の1対1の設定となるため、難易度は高いです。
ご参考として、以下に設定を記載します。



注意

インターネットに接続しているパソコンで、
本設定を行うとインターネットが不通になります。
また、操作後はインターネットを再設定する必要があります。







 1.LANケーブルを利用してパソコン同士を接続したい場合


注意

ストレートケーブルでは、データの共有はできません。
必ず 「クロスケーブル」 をご利用ください




接続/設定方法

1)共有する2台のパソコンのLANポートにクロスケーブルを差込みます。



2)パソコンのIPアドレスを合わせます。

※ローカルエリア接続が識別(認識)されていないネットワークになりますので、
1台は、「192.168.2.100」、もう1台は、「192.168.2.101」等
必ず、最後以外は同一の数列になるように設定してください。

 
<ご参考:IPアドレス設定方法>

Windows7
①画面左下の「スタートボタン」をクリック

②「コントロールパネル」をクリック

③「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリック
 ※無い場合は「ネットワークと共有センター」をクリック

④「アダプターの設定の変更」をクリック
 ※画面の左側を確認します。

⑤「ローカルエリア接続」を右クリック

⑥「プロパティ」をクリック
 ※無い場合は、カーソル(矢印)が外れています。
 メニューに出るまで、ローカルエリア接続の上で右クリックしてください。

⑦「インターネットプロトコル(TCP/IPv4)」をダブルクリック

⑧「次のIPアドレスを使う」にチェックし、その下に数字を入力

最終的に、以下の図の様になりますので、間違いない場合は「OK」をクリック


以下ページもご参照ください。

Windows7
IPアドレスの固定方法/固定IPアドレスについて



Windows8
IPアドレスを変更する方法



Windows10
IPアドレスを変更する方法





3)設定後、「ネットワークの場所の設定」が表示した場合は、
どちらのパソコンも同じ場所になるように選択します。



4)2台のパソコンが認識するかをご確認ください。



5)操作終了後は、「次のIPアドレスを使う」のチェックから
IPアドレスを自動的に取得する」に戻してください。
※自動的に取得するにしないと、インターネットが繋がらなくなります。





 2.Windows転送データ転送ツールをクロスケーブルで利用する

下記のリンクの通り画面を進めてください。


Windows7から「Windows転送ツール」を他のパソコン(Windows/XP/Vista)にコピーする方法




 3.データ転送速度について

ご参考までに、以下の表にてLANケーブルの転送速度を説明していますので
ご確認ください。

CAT8
カテゴリー8
CAT7
カテゴリー7
CAT6A
カテゴリー6A
CAT6
カテゴリー6
CAT5e
カテゴリー5e
CAT5
カテゴリー5
通信速度 40Gbps 10Gbps 10Gbps 1Gbps 1Gbps 100Mbps
伝送帯域 2000MHz 600MHz 500MHz 250MHz 100MHz 100MHz
対ノイズ性能 × × ×
特長 次世代40ギガビットイーサネット「40GBASE-T」に対応したカテゴリー8対応LANケーブルです。 次世代10ギガビットイーサネット「10GBASE-T」に完全対応する、カテゴリー7対応ケーブルです。 次世代10ギガビットイーサネット「10GBASE-T」に対応する、オーグメンテッド・カテゴリー6対応ケーブルです。 ギガビットLANの規格に最適な、カテゴリー6対応ケーブルです。 エンハンスド・カテゴリー5に対応した、スタンダードなケーブルです。 「100BASE-TX」に対応した、カテゴリー5対応のケーブルです。


また、以下のページにて、LANケーブルの製品一覧を確認する事が可能です。

>>LANケーブル製品一覧






 ご参考  製品一覧ページについて

LANケーブル製品一覧からクロスケーブルを探す場合は
クロスケーブル」と記載されているものをお選びください。







 補足.データ転送用ケーブルのご案内

上記設定が難しい場合、弊社ではデータ転送用のUSBケーブルをご用意しております。
煩わしい設定も殆どなく、パソコンがケーブルを認識すればご利用可能になります。
簡単にPC間でデータ転送を行いたい場合には、ご利用をご検討ください。
(対応OS:Windows8、Windows7(SP1)、Windows Vista(SP2)、Windows XP(SP3))


→ UC-TV3BK(製品詳細ページ)









作成日時:2013-06-12
更新日時:2020-06-30

▲ページTOPへ戻る
製品Q&A > 【ネットワーク】 > ・LANケーブル
 
製品Q&Aトップページに戻る


ユーザーQ&Aコミュニティで確認する


このQ&Aについて、アンケートにご協力をお願いいたします。


解決した

解決しなかった


エレコムの公式通販サイトからお知らせ