トップ > サポート情報 > 製品Q&A
製品Q&A
キーワード&文書番号検索
製品Q&A > 【ストレージ】 > ・NAS > ・【WindowsNAS】ELECOM製 NSB-
文書番号:8026
Q.【WindowsNAS】NASツールVer 5.50、Ver 4.80以降へのアップデートに関するご注意
 

NASツールのアップデート後、システムを起動できない場合は、
下記の手順で起動システムを選択してください。



1)NAS本体へ直接、モニタ/USBマウス/USBキーボードを接続します。
※マウスとキーボードは、USB2.0ポートへ接続します。



2)電源ボタンを押して、NASの電源を「ON」します。

NASがピッと鳴り、起動を開始したら、
キーボードの下記キーを連打してください。
※キーは、モデルによって異なります。


■下記のモデルでは、'
F7' キーを連打してください。
  ・NSB-75S4DS6、75S4DW6シリーズ
  ・NSB-7MS2CS6、7MS2CW6シリーズ
  ・NSB-75S4DS2、75S4DW2シリーズ
  ・NSB-75S4CS2、75S4CW2シリーズ
  ・LSV-5S4CKS、5S4CKWシリーズ
  ・LSV-MS2VKWシリーズ


■下記のモデルでは、'
F12'キーを連打してください。
  ・NSB-75S4RS6、75S4RW6シリーズ
  ・NSB-75S4RS2、75S4RW2シリーズ



3)下図の「Please select boot device:」メニューが表示されますので、
キーボードの上下矢印キーを使って、「
Windows Boot Manager Mirror」項目を選択し、
Enterキーを押してください。システムが起動します。


4)システムが起動した後、「RAIDビルダー」でボリュームの修復を実行してください。




修復中にエラーが発生し、ボリュームの修復を完了できない場合には、
障害の発生したディスクをスペアディスクと交換して、修復を実行してください。






【備考】


NASツールの下記バージョンより、NAS起動時のシステム選択メニュー「Windows ブートマネージャ―」は表示されず、起動するシステムは固定されます。

・Windows Storage Server 2016モデル:Ver 5.50
・Windows Storage Server 2012R2モデル:Ver 4.80

※下図「Windows ブートマネージャ―」は表示されなくなります。

このため、過去にシステム領域に障害が発生したまま、
「Windows ブートマネージャ―」で起動システムを切り替えて運用されていた場合、
NASツールのアップデート後にシステムを起動できなくなる場合があります。




作成日時:2019-03-13
更新日時:2019-03-18

▲ページTOPへ戻る
製品Q&A > 【ストレージ】 > ・NAS > ・【WindowsNAS】ELECOM製 NSB-
 
製品Q&Aトップページに戻る

このQ&Aについて、アンケートにご協力をお願いいたします。


解決した

解決しなかった


エレコムの公式通販サイトからお知らせ