トップ > サポート情報 > 製品Q&A
製品Q&A
キーワード&文書番号検索
製品Q&A > 【ネットワーク】 > ・Wi-Fi (ルーター) > ルーター設定方法 > 【SkyLinkManager】
文書番号:7142
Q.【Wi-Fiルーター】【SkyLinkManager対応ルーター】かんたん設定とクラシック設定の違いについて
 



 SkyLinkManagerには、
 「かんたん設定」と「クラシック設定」の2つの設定方法があります。 



設定における内容の違いは以下となります。

   かんたん設定  クラシック設定
 Wi-Fi    SSID   2.4Ghz  自動生成
※SSID共通 
任意入力
※個別設定可
5Ghz
 パスワード   2.4Ghz 自動生成
※Pass共通 
任意入力
※個別設定可
5Ghz
 管理画面アクセス  ユーザー名   自動生成 任意入力
 アクセスパスワード  自動生成 任意入力
 ゲストSSID クラシック設定で可 設定可能
 こどもネットタイマー2  WEBサイトフィルター   クラシック設定で可 設定可能





かんたん設定】と、【クラシック設定】の大きな違いは、上記の表に記載したとおり、

 1) Wi-Fiにおいて必要なSSIDとパスワードを、
     → アプリで「自動生成」するか「任意で設定」するか。

 2) 管理画面のアクセスに必要なユーザー名、パスワードを
     → アプリで「自動生成」するか「任意で設定」するか。

となります。
以下にイメージを記載します。






ルーターから発するSSID(Wi-Fiの無線名称)と、それに接続するパスワードについては、

 

かんたん設定】で設定すると、SkyLinkManager(アプリ)側で自動生成されます。
クラシック設定】で設定した場合は、自分でSSIDとパスワードを任意に決めて入力する必要があります。






ルーターの詳細な設定をするための管理画面(設定画面)へのアクセスにおいては、
アクセスするための、ユーザー名とアクセスパスワードが必要です。

  

かんたん設定】の場合は、SkyLinkManagerで自動生成されます。
クラシック設定】の場合は、自分でユーザー名とパスワードを任意に決めて入力する必要があります。




かんたん設定】は、自動生成される内容が多いことから、手軽に速く設定が可能です。
上記、それぞれの特徴を踏まえ、どちらで設定するかをご検討ください。







目的のページが見つからない場合は、
「Google」によるエレコムサポート内検索もお試しください。

Google
WWW を検索qa.elecom.co.jp を検索

※最新情報など、一部ヒットしないページもございます。



  

各種機器との設定方法を紹介しています。
サポートポータル ELECOM SUPPORT (えれさぽ


作成日時:2016-04-20
更新日時:2016-07-13

▲ページTOPへ戻る
製品Q&A > 【ネットワーク】 > ・Wi-Fi (ルーター) > ルーター設定方法 > 【SkyLinkManager】
 
製品Q&Aトップページに戻る

このQ&Aについて、アンケートにご協力をお願いいたします。


解決した

解決しなかった


エレコムの公式通販サイトエレモバ本館からお知らせ