トップ > サポート情報 > 製品Q&A
製品Q&A
キーワード&文書番号検索
製品Q&A > 【ソフトウェア】 > ・Windows10特集ページ
文書番号:6496
Q.【Windows10】何が変わったの?
 


◆Windows10◆


 ★windows10の公開
 ★スタートメニューが大きく変わりました!
 ★タブレットモードとは?
 ★新ブラウザ(Microsoft Edge)
 ★新機能!仮想デスクトップ

◆ Windows10対応表はこちら ◆



  Windows10の公開

 2015年07月29日に公開されました。






  スタートメニューが大きく変わりました!

 画面左下に「スタートメニュー」があります。








 クリックすると、以下のようなメニューが表示されます。



イメージを見てわかるように、
Windows7とWindows8(8.1)の内容をあわせもったスタートメニューになりました。






 なお、Windows7の「すべてのプログラム」は、以下のような
 「すべてのアプリ」になったイメージです。





 端でスクロール(↓↑)できます!








  タブレットモードとは?

 タブレットのようなモード(全画面表示)に変更することができます。

 よって、使用環境によって、「通常モード」「タブレットモード」と切替えて使用ができます。
 なお、それぞれのモード変更方法は共通です。




 タブレットモードに変更する  通知領域のアイコンをタップし、
 「タブレットモード」のアイコンをタップします。 
 通常モードに変更(戻す)   通知領域のアイコンをタップし、
 「タブレットモード」のアイコンをタップします。




 タブレットモード時での注意点があります。

 起動したアプリを閉じる場合、タブレットモードでは「×(閉じる)」ボタンがありません。
 アプリを閉じたい場合は、指で上から下に動かす(スワイプ)して閉じます。








  新ブラウザ(Microsoft Edge)

 「Internet Explorer」に変わり、新しいブラウザになります。







 <全体イメージ>



 上段の左に「戻る」「進む」ボタン。
 中央は「URLアドレス」の入力欄と、今までのブラウザと変わりません。

 大きな特徴としては2つあります。





 <特徴1> 「Reading View」機能

 上段右の「本のようなアイコン」をクリックすると、本のようなイメージで表示してくれます。
 ※ブラウザが、読み物と判断したWEBページを表示しているときのみクリックできます。




 たとえば、通常の表示はこちら


 ↓


 ReadingView機能を有効にすると・・・


 ↓


 このように、文字がより読みやすく特化された画面に切り替わります。







<特徴2> WEBページに直接メモができる。

 上段右の「ペンのようなアイコン」をクリックすると、直接ページに書き込むことができます。





 以下の図のように、気になる部分を丸で囲ったり、文字を書いたりできます。







  新機能!仮想デスクトップ

 複数のデスクトップを作ることができます。

 たとえば以下のように、用途を区別して使用できるイメージです。

  1.エクセルやパワーポイントなどを開いて、仕事専用のデスクトップ。
  2.動画・ゲームなど、仕事以外の遊びのデスクトップ。





 <操作イメージ>

 1.ツールバーからタスクビュー切替アイコンをクリックして、タスクビューを表示します。




 以下がタスクビューの画面です。
 「新しいデスクトップ」をクリックします。




 2.新しいデスクトップが表示されます。

 画面下に「デスクトップ1」と「デスクトップ2」と表示されます。
 「デスクトップ2」をクリックすることで、新しいデスクトップに切り替わります。

 あとはそれぞれのデスクトップで、
 お客様のお好みで分類してアプリケーションを開いていくだけです。



 このように、タスクビューを押すと、いつでも切替が可能です。















作成日時:2015-07-07
更新日時:2017-01-13

▲ページTOPへ戻る
製品Q&A > 【ソフトウェア】 > ・Windows10特集ページ
 
製品Q&Aトップページに戻る