トップ > サポート情報 > 製品Q&A
製品Q&A
キーワード&文書番号検索
製品Q&A > 【ストレージ】 > ・NAS > ・【WindowsNAS】Logitec製 LSV-
文書番号:6228
Q.【LogitecNAS】WebUI接続用ポート番号の変更方法
 
本手順は、「ロジテックツール」のVer.4.10以前のものが対象となります。

(Ver.4.11以降はデフォルトで8808番ポートを使用しております)



ロジテックツール Ver.4.10以前に搭載されている「WebUI」は、デフォルトで8088番ポートを使って通信を行います。
お使いのアプリケーションで、8088番ポートを使って通信を行っているものがある場合、通信ポートの干渉が発生し、
アプリケーションの動作に影響が出る場合があります。

8088番ポートを使っているアプリケーションの例:「ARC serve replication and high availability」

その場合は、「WebUI」で使用するポート番号を変更することで回避できます。
以下、「WebUI」で使用するポート番号の変更手順です。

※注意※他のアプリケーションと、通信ポートの干渉が起きている場合のみ変更してください。通常は変更しないでください。


1.リモートデスクトップで接続し、「ロジテックツール」から「その他設定」をクリックします。


2.「その他設定」画面が開きますので、「WebUI設定」の「ポート番号」を任意の数値へ変更してください。
  変更し終わったら「閉じる」をクリックします。


3.確認画面が出ますので、「はい」をクリックします。

続いて、ファイアウォールの設定を変更します。


4.画面左下 スタートボタンを右クリックして、表示されたメニューから「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
  (キーボードで「Windowsキー」+「R」を同時に押しても結構です)


5.「ファイル名を指定して実行」画面が表示されますので、
  「名前」欄に『wf.msc』と入力して「OK」ボタンをクリックします。


6.「セキュリティが強化されたWindowsファイアウォール」が開きます。
  左ペインで「受信の規則」をクリックし、中央ペインで「Logitec Web UI」をクリックし選択、
  右ペインで「プロパティ」をクリックします。


7.「Logitec Web UIのプロパティ」画面が開きますので、「プロトコルおよびポート」タブをクリックします。
  「ローカル ポート」欄に、2.で変更したポート番号を入力し、「OK」ボタンをクリックして下さい。

作成日時:2015-01-16
更新日時:2019-03-22

▲ページTOPへ戻る
製品Q&A > 【ストレージ】 > ・NAS > ・【WindowsNAS】Logitec製 LSV-
 
製品Q&Aトップページに戻る


ユーザーQ&Aコミュニティで確認する


このQ&Aについて、アンケートにご協力をお願いいたします。


解決した

解決しなかった


エレコムの公式通販サイトからお知らせ