トップ > サポート情報 > 製品Q&A
製品Q&A
キーワード&文書番号検索
製品Q&A > 【映像・音響機器】 > ・FMトランスミッター
文書番号:5523
Q.【LAT-FMi06シリーズ】LAT-FMi06シリーズの設定方法
 

 LAT-FMi06シリーズの設定方法



 対象型番(LAT-FMi06シリーズ
LAT-FMi06BK LAT-FMi06CA LAT-FMi06PN LAT-FMi06WH



本製品は「周波数変更ボタン」を利用し、
周波数変更】や【DRC機能のON/OFF】を変更することができます。 
製品全体図 全体図赤枠内拡大

DRC機能とは? ・・・ ダイナミック レンジ コントロール。
→ 車の走行ノイズ下でも、音楽が聞こえやすくする機能となります。



<本コンテンツの流れ>
 
  <最初に> 電源投入時のLEDランプについて

  ① DRC機能を使いたい/DRC機能を停止したい ・・・場合

  ② 最適な周波数帯を自動で選局したい ・・・場合







 <最初に> 電源投入時のLEDランプについて


本製品をシガーソケットに接続し、電源が入ると、出力する周波数がLEDランプで表示されます。
周波数変更ボタン」を一回押すごとに、周波数帯が変わるので環境に合わせて設定できます。



 <例1>  周波数帯が「88.1MH」の場合

※上記の図では、「88.1MH」になっています。




 <例2> 周波数帯を「88.1MH」→「88.3MHz」に変更したい場合


88.3MHz」に変更したい場合は、「周波数変更ボタン」を一度押します。
1」のLEDランプが消灯し、「3」のLEDランプが点灯 します。




※周波数帯を手動で設定する時には、「周波数変更ボタン」を押して、
ご希望の周波数帯のLEDランプが点灯する状態にしてください。






 ① DRC機能を使いたい/DRC機能を停止したい ・・・場合
 

車の走行ノイズがあっても、音楽がはっきりと聞こえるように、DRC機能 が搭載されております。
DRCが有効か無効かは、「周波数変更ボタン」を長押しすると解ります。



1. 周波数変更ボタン」を長押しします。
2~3秒長押しすると、数字のLEDランプ部分が点滅を始めます。


← LEDイメージです

2. ボタンから手を離すと、LEDが流れる様に光ります。
1、3、5、7、9 の順番にランプが点灯で DRC機能が「ON」になった事を示します。


← LEDイメージです
 
一瞬、全てのランプが点灯し、
9、7、5、3、1 の順番にランプが消灯で DRC機能が「OFF」になった事を示します。


← LEDイメージです

DRC機能のON/OFFの操作では、周波数は変わりません。
利用時の状況に合わせて設定をお願い致します。






 ② 最適な周波数帯を自動で選局したい ・・・場合


自動的に最適な周波数帯を選局することもできます。



1. 周波数変更ボタン」を長押しします。
最初は、上記に記載したDRC機能のON/OFFが作動しますので、更に押し続けます
素早い点滅 に変わりましたら、手を離します。


← LEDイメージです

2. 」から順番にランプが点灯し、「」まで到達後、「」から消灯していけば
自動選局が開始 された事になります。


← LEDイメージです

設定後、本製品の周波数帯にFMラジオの周波数を合わせて頂き、
問題なくご利用頂けるかをご確認ください。






作成日時:2014-01-17
更新日時:2014-01-17

▲ページTOPへ戻る
製品Q&A > 【映像・音響機器】 > ・FMトランスミッター
 
製品Q&Aトップページに戻る



 
 
 





エレコムの公式通販サイトエレモバ本館からお知らせ