トップ > サポート情報 > 製品Q&A
製品Q&A
キーワード&文書番号検索
製品Q&A > 【ストレージ】 > ・ハードディスク > ハードディスク(LaCie) > トラブル
製品Q&A > 【ストレージ】 > ・ハードディスク > ハードディスク(LaCie) > テレビ接続・録画関連
製品Q&A > 【ストレージ】 > ・ハードディスク > ハードディスク(LaCie) > その他
文書番号:5439
Q.【HDD】4Kセクタって何?/4Kセクタの制限事項は?/Windows7でバックアップするとエラーがでる理由は?
 


ハードディスクのタイプとして、512セクタ(512 ネイティブ)と、4Kセクタ (4Kネイティブ)があります。

例 : LCH-MND020U3 例 : LCH-PSD040U3
※他にも、LaCieでは扱っていませんが(2013年12月現在)、
Advanced Format (512E )という中間的な位置づけのハードディスクもあります。


ハードディスクが、上記 どちらのタイプ であるかは、外の形状等ではわかりません
また、どのような違いがあるか、どちらのハードディスクであるかの確認方法は以下に記載します。








セクタとは、ディスクに記録する 最小記録単位 の事です。

セクタ = ディスクへの最小記録単位




 ☆512セクタ = 512B(バイト) 

大半のハードディスクの記録の最小単位は、「512セクタ」となります。









 ☆4Kセクタ = 4,096B(バイト)

ハードの日進月歩により、ディスクに記録する 最小単位が8倍 に増えました。
512B(今までの最小記録単位) × 8倍 = 4096B (4K






半角文字で例えると、512文字から、4096文字分、最小単位の記録がアップしてます。

※ただし、USBハードディスク録画に対応しているテレビやレコーダーについては、
4Kセクタハードディスク未対応のものが多い為、ご利用いただけない場合がございます。

記録する最小単位が、4KB(4096B)のハードディスクのものを、
4Kセクタ対応 ハードディスクといいます。








どちらのタイプのハードディスクかを確認するには、
Windowsの場合、コマンドプロンプトで、把握することができます。

「コマンドプロンプト」画面を開く操作は、WindowsOSによって手順が異なります。
操作するOSのボタンをクリックし、手順をご参照 ください。










1.>の次に、「Fsutil fsinfo ntfsinfo x:(ドライブレター) 」と入力し、Enterキーを押します。



入力するコマンド

Fsutil fsinfo ntfsinfo

は確認したいドライブレターとなります。(例 : C とか E )








2.「Bytes Per Sector」(または、Bytes per Physical Sector)の値を参照します。



 ・・・ の場合 

512セクタ のハードディスクの場合

512】の値で表示されます。


 



 ・・・ の場合 

4Kセクタ対応
ハードディスク の場合

4096】の値で表示されます。










Kセクタのハードディスクをご使用するにあたり、制限事項はあります。

制限事項に該当する場合は、データが正しく保存できなかったり、アプリが正常に動作しない
・・・といった場合が発生します。




※4Kセクタのハードディスクを使える条件※


  ①【ハードディスク】が、4KセクタHDDであること。
  ②【
OS】が、4KセクタHDDに対応していること。
  ③【
アプリケーション】が、4KセクタHDDに対応していること。






  






※基本、TVは4KセクタのHDDに対応していません。





 

4Kセクタ対応のハードディスクに情報を書き込む場合、
上記3つ全てが、4Kセクタに対応している必要 があります。







OSで扱える容量が格段に増えます。

例えば、今までの【WindowsXP】では、512セクタのハードディスクの場合、
2TBまで しか認識することができませんでした。

それが、4Kセクタ対応ハードディスクを利用すると、【WindowsXP】でも
4TB等の 大容量ハードディスクを認識することができます。


 ・・・ の場合 



 


 ・・・ の場合 



 








4Kセクタ対応ハードディスクをサポートしているのは、Windows8 からになります。
(Microsoft社の公式見解)

<ご参考URL (MicroSoft社のページに飛びます)>
http://support.microsoft.com/kb/2510009/ja








以下、アプリケーション等が4Kセクタハードディスク 非対応 になります。


  ・Windows7に標準搭載されているバックアップ機能
  ・DVD Shrink
 (ディヴィディー シュリンク)




たとえば、Windows7で、標準搭載されているバックアップ機能を利用しようとした場合、
以下の様なエラーが表示されてしまい、ハードディスクへの保存ができません。





4Kセクタのハードディスクに書き込みをする場合、
書き込みを制御するアプリケーションが、4KセクタのHDDに対応しているかをご確認ください。





目的のページが見つからない場合は、
「Google」によるエレコムサポート内検索もお試しください。

Google
WWW を検索qa.elecom.co.jp を検索

※最新情報など、一部ヒットしないページもございます。



  

各種機器との設定方法を紹介しています。
サポートポータル ELECOM SUPPORT (えれさぽ


作成日時:2013-11-08
更新日時:2016-11-30

▲ページTOPへ戻る
製品Q&A > 【ストレージ】 > ・ハードディスク > ハードディスク(LaCie) > トラブル
製品Q&A > 【ストレージ】 > ・ハードディスク > ハードディスク(LaCie) > テレビ接続・録画関連
製品Q&A > 【ストレージ】 > ・ハードディスク > ハードディスク(LaCie) > その他
 
製品Q&Aトップページに戻る