トップ > サポート情報 > 製品Q&A
製品Q&A
キーワード&文書番号検索
製品Q&A > 【メモリ】 > ・USBメモリ > USBメモリー(ELECOM) > 製品仕様(+用語集)
製品Q&A > 【メモリ】 > ・SDメモリカード
製品Q&A > 【メモリ】 > ・SDメモリカード > データ復旧サービス付きSDカード
文書番号:5202
Q.【USBメモリ】【SDカード】USBフラッシュメモリ/SDカードは壊れますか?(物理障害とは?/論理障害とは?)
 

USBフラッシュメモリ/SDカードのデータ格納イメージを記載します。

目次
STEP1.USBフラッシュメモリ/SDカードのデータ保存イメージ 

1.論理障害 と 物理障害

2.USBフラッシュメモリ/SDカードのデータ保存イメージ
STEP2.USBフラッシュメモリ/SDカードが故障と思ったら・・・?

3.記憶装置のトラブルシュート





 STEP1.USBフラッシュメモリ/SDカードのデータ保存イメージ




 ● 1.物理障害 と 論理障害


USBフラッシュメモリ/SDカードの不具合には、以下2つのパターンがあります。

物理障害

ブツリ
ショウガイ
 USBフラッシュメモリ/SDカード内の”データを保存”する部品が壊れたことを意味します。
 修理もできません。買い替えが必要となります。

 ※データの復旧・復元は専門業者で可能か?・・・のレベルになります。
論理障害

ロンリ
ショウガイ
 製品内の、「ファイルシステム」 が破損してデータが読み取れない状態を意味します。
 この場合、機械は壊れていない為、フォーマットすることで通常に使用が可能です。
 
 
※フォーマットした場合、データはすべて消去されます。





 ● 2.USBフラッシュメモリ/SDカードのデータの保存イメージ


「論理障害」
を説明するにあたって、データはどのように保存されるかを以下に説明します。



2-1 データの保存と表示


床の上に、本をばらまいているイメージをご想像ください。

<イメージ図>


画像 詳細
 USBフラッシュメモリや、SDカード内のイメージです。
 データ

「床(ゆか)」は、USBフラッシュメモリや、SDカードの中。 「本」は、データです。

この状態で、USBフラッシュメモリや、SDカードを接続している、
パソコンや、スマートフォン、カメラから、「本(データ))を持ってきて」と命令しても動きません。 
また、現在、床の上にある本(データ)を 表示させることもできません


  

( ↓ パソコンからアクセスしても何も表示されていないイメージ図です  )





パソコンや、スマートフォン、カメラからは、
どの床の、どの位置に、どんな状態で、どんな大きさの本(データ)であるかの「情報」がないと、
本(データ)を表示させることも、探し出すこともできないものとなります。




2-2 データを表示させるために


そのため、パソコンや、スマートフォン、カメラから、データを管理・表示させるために専用の

「本棚」 を作成する必要があります。



<床の上に本棚を作成し、本(データ)を保存>




   

( ↓ パソコンからアクセスして本(データ)が表示されているイメージ図です  )



この 本棚 が、「ファイルシステム」 というものになります。

なお、パソコンやTVの種類によって、本棚(ファイルシステム)の仕様も形もかわります。
また、扱える本(データ)の種類も、大きく変わります。

ファイルシステムについて詳細をしりたい場合はこちら。
⇒ ファイルシステム(FAT16、FAT32、NTFS、exFAT)とはなんですか?




2-3 ファイルシステムの破損


このファイルシステムは、パソコンや、スマートフォン、カメラ側から
データ(本)を扱う&表示させるための制御プログラムです。

パソコンや、スマートフォン、カメラから制御している背景より、何かしらのトラブルで、
本棚(ファイルシステム)が破損することがあります。


<本棚(ファイルシステム)が壊れたイメージ>





その際によくある症状が以下となります。

  

( ↓ その際に表示されるメッセージ )


本棚(ファイルシステム)が壊れると、本(データ)は床の上に、ばら撒かれるようなイメージとなります。

先に記載した通り、本(データ)が、床(パソコンや、スマートフォン、カメラ)の上に存在していても、
パソコンや、スマートフォン、カメラは、【本棚にあるものしか扱うことができない】 ため、
表示すらもできない状況となります。



この場合、パソコンや、スマートフォン、カメラから、本(データ)を扱うために、
新しく本棚(ファイルシステム)の作成を促すメッセージが表示される場合があります。

ただし、フォーマットすると、新しく本棚(ファイルシステム)を作成する為、データ(本)は無くなります。


これが、「論理障害」 というものとなります。

フォーマットすることで、正常に機器が再使用できる理由は、上記のとおりです。
※USBフラッシュメモリ/SDカードが壊れたわけではありません。



 論理障害はなんで起きるの?

  ・アクセス中にケーブルが抜けてしまった。
  ・ノイズなどにより破損したデータが書き込まれた。
  ・安全な取り外し以外での方法による破損。
  ・シャットダウンせずに電源が抜けてしまった。

 ※パソコンや、スマートフォン、カメラ側のトラブルでも、論理障害が起きる為、
 大事なデータは複数の記憶装置・メディアに バックアップ(複製)を作ることを強くお勧めします。


 <ご参考>

    








 STEP2.USBフラッシュメモリ/SDカードが故障と思ったら・・・?




 ● 3.USBフラッシュメモリ/SDカードのトラブルシュート



  確認方法は、以下リンクをクリックしてください。

   ・・・ こちらをクリック。


※上記リンク先で「故障」の可能性となった場合。
→ 物理障害となります。買い替え等をご検討ください。




 物理障害はなんで起きるの?

  ・静電気等による破損。
  ・寒暖差によって発生する結露等による破損。
  ・安全な取り外し以外での方法による破損。
  ・長期使用による製品寿命。
  ・接続部の過度な負担による破損。

 ※パソコンや、スマートフォン、カメラ側のトラブルでも、論理障害が起きる為、
 大事なデータは複数の記憶装置・メディアに バックアップ(複製)を作ることを強くお勧めします。


 <ご参考>

    




作成日時:2013-07-31
更新日時:2013-07-31

▲ページTOPへ戻る
製品Q&A > 【メモリ】 > ・USBメモリ > USBメモリー(ELECOM) > 製品仕様(+用語集)
製品Q&A > 【メモリ】 > ・SDメモリカード
製品Q&A > 【メモリ】 > ・SDメモリカード > データ復旧サービス付きSDカード
 
製品Q&Aトップページに戻る