トップ > サポート情報 > 製品Q&A
製品Q&A
キーワード&文書番号検索
製品Q&A > 【メモリ】 > ・USBメモリ > USBメモリー(ELECOM) > PASS × AES関連
文書番号:4933
Q.【PASS】【PASS×AES】PASSフォルダとはなんですか
 


USBフラッシュメモリに対応しているかのご確認は、こちら


※「PASS」または「PASS×AES」の設定方法については、コンテンツ下部にある【5.設定方法は?】
  内のリンク先をご参照ください。





USBフラッシュメモリの中に、専用のセキュリティソフトを入れることで、
より安全にデータを保存できるフォルダ(PASSフォルダ)が作成できます。

  






専用のセキュリティソフト「PASS」または「PASS×AES」をUSBフラッシュメモリ内にコピーします。

  






「PASS」または、「PASS×AES」にて、設定したパスワードを入力することで、
大事なデータを保存している、PASSフォルダを表示できます。


   




ただし、パスワードを知らない人はデータが保存されたPASSフォルダを見る事ができません。

   


設定したパスワードが入力しない限り、PASSフォルダにアクセスする事ができない為、
第三者に見られてしまう危険がありません。

もちろん、フォルダが表示しないので、上書きする事もできません。






データ自体も、暗号化する/しないの違いになります。

以下は、16GBのUSBメモリを利用する場合を例として記載します。
※他のUSBメモリ/容量の場合にも考え方は同一です。


16GBのUSBメモリに【PASS】をコピーして利用する場合、
保存容量に変化はありません。
PASSフォルダにパスワードを追加するだけの機能です。
16GBのUSBメモリに【PASS×AES】をコピーして利用する場合、
保存容量が
半分の8GBとなってしまいます。
PASSフォルダにパスワードとデータの暗号化を行うため、
PASSより強力にデータの流出を防ぎます。


どちらの場合にも、パスワードを入力しない限りPASSフォルダが表示することはありません。
万が一の場合、データの暗号化を行う【PASS×AES】の方がセキュリティレベルは高くなります。






利用方法を記載したコンテンツをご用意しております。
利用をご希望のソフトウェアとお手元のOSに合わせてリンク先をご確認ください。



PASSの設定方法
→ WindowsXP
→ WindowsVista / 7
→ Windows8/10
 
PASS×AESの設定方法
→ WindowsXP
→ WindowsVista / 7
→ Windows8/10
 






<ご参考> USBメモリのトラブル
→ 急に使用できなくなりました








目的のページが見つからない場合は、「Google」によるエレコムサポート内検索もお試しください。
Google
WWW を検索qa.elecom.co.jp を検索

※最新情報など、一部ヒットしないページもございます。



  

各種機器との設定方法を紹介しています。
サポートポータル ELECOM SUPPORT (えれさぽ


作成日時:2013-05-16
更新日時:2017-03-21

▲ページTOPへ戻る
製品Q&A > 【メモリ】 > ・USBメモリ > USBメモリー(ELECOM) > PASS × AES関連
 
製品Q&Aトップページに戻る

このQ&Aについて、アンケートにご協力をお願いいたします。


解決した

解決しなかった


エレコムの公式通販サイトからお知らせ