トップ > サポート情報 > 製品Q&A
製品Q&A
キーワード&文書番号検索
製品Q&A > 【映像・音響機器】 > ・ドライブレコーダー > LVR-SD100シリーズ
文書番号:4898
Q.【LVR-SD100BK】データの保護する/保護しないの設定方法と仕様について
 
LVR-SD100BK」のデータの保護の設定についてのコンテンツとなります。

 




 データの保護の「する」/「しない」の違いは?

  
「ボタン」ファイル  ボタンを押すことで記録されるファイルを
意味します。 
「衝撃」ファイル  (事故等)の衝撃によって記録されるファイルを
意味します。

データ保護
しない
にした場合

(工場出荷時) 

工場出荷時:初期状態も含みます

「ボタン」や「衝撃」ファイルが下記録画容量を超えた場合、
古い「ボタン」や「衝撃」ファイルから順次、上書きされ
重要な画像が消える可能性があります。

ボタンファイル : 約20分

 衝撃ファイル : 約30分


データ保護
する
にした場合

データ保護「する」にした場合、
「ボタン」や「衝撃」ファイルの録画容量がいっぱいになっても、
その録画容量内のファイルは上書きされることはありません。

しかし、各録画容量を超えた後は、
エラーが発生し通常録画ファイルとして保存されてしまいます。

そのまま使い続けると、事故時のファイルが上書きされてしまい、
事故時のファイルが残らない可能性がありますので、
不要な「ボタン」や「衝撃」ファイルを削除して、容量を確保してください。

※詳細は、同梱のマニュアル「映像を削除する」をご確認ください。







 各データの録画イメージ(一覧表)


保管方法 ファイル
拡張子
意味 「データ保護しない」時
(工場出荷時設定)
「データ保護する」時
(お客様による設定変更)
通常ファイル .NOR 通常時録画 指定容量内で
上書き録画 
指定容量内で
上書き録画 
ボタンファイル .BUT
.BUC
録画ボタン手押時録画

    
指定容量内で
上書き録画
約20分のみ録画

溢れた場合は
通常ファイルに録画。

(上書きされれば消える)
衝撃ファイル .SHO
.SHC
衝撃感知時録画


指定容量内で
上書き録画
約30分のみ録画。

溢れた場合は
通常ファイルに録画。

(上書きされれば消える)






 データの保護の「する」/「しない」の設定方法


 「MENU」ボタンを押します。


 「V(下矢印)」ボタンを押して、「システム設定」に合わせます。


 「OK」ボタンを押します。



 メニューの内容が切り替わります。


 「V(下矢印)」ボタンを押して、「データ保護」に合わせます。



 「OK」ボタンを押すと、「する/しない」 を選択します。

※赤字で、「する」 「しない」 が切り替わります。



 選択後、「V(下矢印)」ボタンを押して、「設定保存」に合わせます。



 「OK」ボタンを押します。



 「設定保存完了しました」と表示されたら設定終了です。








・ ファームウェアの更新はお済みですか? 最新ファームウェアの更新方法は、こちらをクリック してください。

作成日時:2013-04-22
更新日時:2013-09-12

▲ページTOPへ戻る
製品Q&A > 【映像・音響機器】 > ・ドライブレコーダー > LVR-SD100シリーズ
 
製品Q&Aトップページに戻る

このQ&Aについて、アンケートにご協力をお願いいたします。


解決した

解決しなかった


エレコムの公式通販サイトエレモバ本館からお知らせ

エレコムの公式通販サイト
エレモバ本館からお知らせ