トップ > サポート情報 > 製品Q&A
製品Q&A
キーワード&文書番号検索
製品Q&A > 【メモリ】 > ・USBメモリ > USBメモリー(ELECOM) > PASS × AES関連
製品Q&A > 【ソフトウェア】 > ・Windows8 特集ページ
文書番号:4438
Q.【PASS】【PASS×AES】USBフラッシュメモリ用セキュリティソフト使用方法(Windows8/Windows10)
 
本コンテンツは、Windows8Windows10用です。
※「
PASS」「PASS×AES」両方の設定コンテンツとなります。

他のOSをご利用の場合は、お手元のOSに合わせてリンク先をご確認ください。

PASSの設定方法
→ WindowsXP
→ WindowsVista / 7
→ 本コンテンツです。
 
PASS×AESの設定方法
→ WindowsXP
→ WindowsVista / 7
→ 本コンテンツです。
 

※お使いの用途に応じて、どちらかを選択してください。2つの違いについては、こちら





1.ダウンロードがお済みでない場合は以下、リンク先からダウンロードしてください。

 暗号化機能なし
  ≫USBフラッシュメモリ用セキュリティソフト 「PASS」
 暗号化機能あり
  ≫USBフラッシュメモリ用セキュリティソフト 「PASS X AES」



【ご注意】暗号化機能ありの「Pass×AES」を使用する場合、
実質使用可能容量は表示容量の約半分になります。


暗号化/複合化の際にはデータとは別に、
同じ容量の作業領域をUSBメモリ内に確保する必要があります。
保存するデータが1GBの場合、
1GB(データ)+1GB(作業領域)=2GBの空き容量が必要です。





2.お持ちの製品(USBフラッシュメモリ)が対応型番であることを確認の上、
ページ下の「
許諾書に同意してダウンロードする」ボタンを押します。


3.以下の画面が表示されたら、「保存」を選択します。


4.以下の画面が表示されたら、「フォルダーを開く」を選択します。


5.ダウンロードされたフォルダが表示されます。

※ダウンロードしたアプリによって、フォルダ名が異なります。


イメージ 名称  対象のフォルダ名
 PASS   security_pass_(数字) のフォルダとなります。
 PASS×AES   security_passxaes_(数字) のフォルダとなります。




6.対象のフォルダを選択後、上段メニューの「展開」をクリックし「すべて展開」をクリックします。


7.「参照」ボタンをクリックします。


8.「デスクトップ」を選択し、「OK」ボタンをクリックします。


9.「展開」をクリックします。


10.ダウンロードしたアプリが、デスクトップに展開(解凍)されます。


11.以下ファイルをUSBフラッシュメモリにコピーします。
※ダウンロードしたアプリによって、コピーする内容が異なります。



イメージ 名称  USBフラッシュメモリにコピーするもの 
 PASS  
 PASS×AES  



<ご参考>

コピーしたいデータ(またはフォルダ)を 右クリック し、
 ⇒ メニューが表示されます。
 ⇒ メニュー内の 『送る』 を選択後、
 ⇒ 『リムーバルディスク』 をクリックします。
で、USBフラッシュメモリへのコピーが可能です。
→ 文書番号:4436 【Windows8】USBフラッシュメモリにデータを保存したい






1.お持ちの製品(USBフラッシュメモリ)にコピーした
PASS.exe」または「PASS×AES.exe」のアイコンをダブルクリックします。


2.使用許諾に同意される場合は、「同意する」にチェックを入れて「次へ」ボタンを押します。


3.パスワード/パスワード確認に、お客様で設定したパスワードを入力します。
※パスワードを忘れた場合のヒントも入力可能です。

<以下は参考例>



4.以下の画面が表示されます。「隠して終了」ボタンを押します。







1.お持ちの製品(USBフラッシュメモリ)にコピーした
PASS.exe」または、「PASS×AES.exe」のアイコンをダブルクリックします。


2.お客様にて設定されたパスワードを入力し、「OK」ボタンを押してください。


3.以下、画面が表示されましたら「閉じる」ボタンを押します。


4.お持ちの製品(USBフラッシュメモリ)内に「PASSフォルダ」が表示されていることを確認ください。

上記、PASSフォルダが
設定したパスワードの入力がないと参照できないセキュリティフォルダ”となります。
必要に応じて、PASSフォルダ内にデータをコピーします。




5.データのコピーが終了しましたら、「PASS.exe」または「PASS×AES.exe」を起動します


6.「隠して終了」ボタンを押します。



「PASS×AES」の場合、PASSフォルダ内の暗号化処理が始まります。
   データの容量によっては、時間がかかる場合があります。








7.「PASSフォルダ」が非表示になっていればOKです。


※PASSフォルダを表示(使用)したい場合は、
もう一度、上記「3.使用方法(PASSフォルダの使用)」を実施ください。




<ご参考> USBメモリのトラブル
→ 急に使用できなくなりました








目的のページが見つからない場合は、「Google」によるエレコムサポート内検索もお試しください。
Google
WWW を検索qa.elecom.co.jp を検索
※最新情報など、一部ヒットしないページもございます。



  

各種機器との設定方法を紹介しています。
サポートポータル ELECOM SUPPORT (えれさぽ


作成日時:2012-10-24
更新日時:2016-08-23

▲ページTOPへ戻る
製品Q&A > 【メモリ】 > ・USBメモリ > USBメモリー(ELECOM) > PASS × AES関連
製品Q&A > 【ソフトウェア】 > ・Windows8 特集ページ
 
製品Q&Aトップページに戻る

このQ&Aについて、アンケートにご協力をお願いいたします。


解決した

解決しなかった


エレコムの公式通販サイトエレモバ本館からお知らせ