トップ > サポート情報 > 製品Q&A
製品Q&A
キーワード&文書番号検索
製品Q&A > 【ネットワーク】 > ・Wi-Fi (ルーター)
文書番号:4156
Q.【ご参考】いまさら聞けないインターネット・ネットワーク概論 1/5
 















以下は、インターネットを利用する為の「3大原則」です。
これによりインターネットに接続することが可能となります。

 回線 (光、ADSL、CATV)
 ISP (プロバイダ:インターネット会社)とのご契約
 モデム


  

インターネットを利用する為の

  「
① 回線」 があって、
  「
② ISP(プロバイダ)との契約」 をされて
  「
③ モデム」 があれば、インターネットに接続することができます。

では、インターネットを利用する為の仕組みを以下に記載します。



<ご参考:モデムとは?>

【パソコン】のデータは、「デジタル」データです。
【電話回線網】は、「アナログ」データ(例:音声)専用の回線です。

 

双方、データ形式が大きく異なるため、お互いにデータのやり取りをするためには、

 ・デジタルデータを、アナログデータに変換。
 ・アナログデータを、デジタルデータに変換。

と、アナログ信号とデジタル信号を相互に変換する機械(モデム)が必要となります。

なお、回線が、電話回線ではなく「光回線」の場合は、
モデムの代わりに、ONU(光回線終端装置)が必要となります。
機能はモデムと同じく、電気信号と光信号の変換をします。






私たちには、「名前」があります。


 


 

今、現在、ここにいる彼らは「
唯一無二」の存在であり、かつ、「住所」と「名前がある」存在です。
なお、地球規模でのイメージが以下です。




      
    

 

地球規模で見ても、そこに存在していることを証明できる、
住所」と「名前がある」があるからこそ、他者との区別 ができます。

また、唯一無二の存在だからこそ、自分と他者とのコミニュケーション(ネットワーク)がとれます。
実は、インターネットにおけるパソコンも同様なのです。






コンピュータには、「住所」はもちろんのこと、
人間のように「山田 太郎」といった名前があるわけではありません。

代わりに、ルールをもった数値が、「住所」と「名前」の代わりに使われています。
この数値を、「
IPアドレス」といいます。


 


IPアドレスは、数値4つのブロックにわかれており、
そのひとつのブロックは、
0255 の数値までとなります。


xxx xxx xxx xxx
(0~255) (0~255) (0~255) (0~255)

例: 164.46.224.18


また、IPアドレスは、使用用途によって以下2つに分かれます。

WAN IP ワイド エリア ネットワーク IPアドレス
別名:グローバルIPアドレス
世界でひとつだけのもの
LAN IP ローカル エリア ネットワーク IPアドレス 例 : 192.168.xxx.xxx


では、「WAN IP」から説明いたします。IPアドレスの組み合わせを考えた場合、
0.0.0.0  0.0.0.1  0.0.0.2  1.0.0.3  ~  255.255.255.255

その組み合わせ数は、
約43億 となります。



非常に、単純な計算でいけば、世界規模で、「唯一無二」の数値が43億個用意できます。
よって、43億個の機械によるネットワーク(コミニュケーション)が可能というイメージになります



   
 


 ・・・ といった数値が
約43億




ただし、この唯一無二の名前=WAN IPアドレスは誰でも自由に使えるわけではありません。
ICANN にて、「国レベル」、「企業レベル」で分配されています。

そして、その多くは、ISP(プロバイダ:インターネット会社)が、所持しています。






先にも記載したとおり、機械でネットワークを利用する際には、
人間の名前のかわりに、現時点で「唯一無二」の存在であることを証明できる、
WAN IPアドレス (ワイド エリア ネットワーク IPアドレス) が必要です。

この数値があれば、現時点で重複することのない、「
唯一無二」の存在となります

       
  





      
    

 



地球規模で見ても、そこに存在していることを証明できる
WAN IPアドレス」があるからこそ、

他者との区別ができ、また自分と他者とのコミニュケーション(ネットワーク)をとることができます。
実は、インターネットにおけるパソコンも同様なのです。


その、WAN IPの多くは、
ISP(インターネット会社)がもっています。



  


ISP(インターネット会社)は、WAN IPを、契約された会員に貸し出し、付与することで、
インターネットに接続できる「仕組み」を作っています。

以下がイメージです。


  
 

WAN IP = インターネットに接続するための通行手形





上記の仕組みをおさらいすると、インターネットに接続する為の

  「
① 回線」 があって、
  「
② ISP(プロバイダ)との契約」 をされて
  「
③ モデム」 を通して

ISP(プロバイダ:インターネット会社)から、WAN IPを貸し出し、
付与されることにより、世界で約42億個の内の1つ、「
唯一無二の存在」になったからこそ、
世界中のネットワークに参加 (インターネットに接続することが) できるのです。


 






作成日時:2012-06-19
更新日時:2016-12-27

▲ページTOPへ戻る
製品Q&A > 【ネットワーク】 > ・Wi-Fi (ルーター)
 
製品Q&Aトップページに戻る