トップ > サポート情報 > 製品Q&A
製品Q&A
キーワード&文書番号検索
製品Q&A > 【ストレージ】 > ・ハードディスク > ハードディスク(LaCie) > RAID/Thunderbolt関連
文書番号:3482
Q.【LaCieHDD】2Big QuadraのRAID再構築法/RAIDが変更できない
 

本コンテンツはLCH-2B2TQ、LCH-2B4TQを対象としています。

USB3.0ポートが搭載されている【LCH-2BQ040Q3】【LCH-2BQ080Q3】を
ご利用されている方は設定方法が異なります。
設定方法はこちら


【RAID変更方法】

※※注意※※

RAIDを変更するとHDDに保存されているデータがすべて消去されます。
データをバックアップしたうえで手順を行ってください。


以下の手順をお試しください。


1.RAID変更モード

製品の電源は背面のスイッチでOFFにしておきます。
電源以外の全ての接続ケーブルを外した状態で、正面のボタンを押したまま電源をオンとし、ボタンは押し続けます。
このときに正面のボタンの色が、赤→青→赤→青…と交互に色が変わります。

交互に色が変わるのを5回ずつ程度変わったら手を離していただきます。
手を離しても交互に色が変わるのが維持していればRAID変更モードになったことを指します。



2.RAIDの選択

赤→青→赤→青…となっていることを確認していただき、
背面のRAIDモードセレクトスイッチを任意の設定で選択します。

Fast、Big、Safe、mixedの表示の中央にある穴の奥がスイッチになっています。
押す度にFast、Big、Safe、mixedが切り替わります。
現在設定済みのRAIDタイプのランプは青点滅、設定しようとしているRAIDタイプのランプは青点灯します。     


 <2Big:RAID4タイプについて>

    ●Fast(RAID0)
      → 複数HDDを1つのパーティションにまとめてデータを分散して
         保存・処理するためスピード重視のモードになります。

    ●Big(コンチカーネション)
      → RAIDではなく、最大限の容量で使用するモードになります。


    ●Safe(RAID1)
      → 複数のHDDに同じデータをそれぞれ保存します。
         片方のHDDが物理的不具合発生してもデータを確認できます。

    ●mixed(RAID0と1の混在)
      → RAID0とRAID1の2つのパーティションにわけて使用するモードです。



3.RAIDの再構築

RAIDタイプが選択できたら、次に正面のスイッチを1度押します。
正面ボタンの色が一度消え、改めて青で点灯、点滅し始めます。
ここでRAIDが確定し、接続しているHDDでRAID構成を構築し始めます。
背面のHDDのLEDが点滅したり点灯しますが、最終的にはすべてのHDD LEDが青で点灯します。



4.確認

その後、製品をPCに接続し容量をご確認ください。



---------


LCH-2B2TQ
LCH-2B4TQ
2big

作成日時:2012-04-17
更新日時:2022-08-04

▲ページTOPへ戻る
製品Q&A > 【ストレージ】 > ・ハードディスク > ハードディスク(LaCie) > RAID/Thunderbolt関連
 
製品Q&Aトップページに戻る


エレコム製品サポートはこらら!製品に関するお困りごとを解決します。


このQ&Aについて、アンケートにご協力をお願いいたします。


解決した

解決しなかった


エレコムの公式通販サイトからお知らせ