トップ > サポート情報 > 製品Q&A
製品Q&A
キーワード&文書番号検索
製品Q&A > 【ネットワーク】 > ・Wi-Fi (USBアダプター) > ソフトウェアAPモード
文書番号:2828
Q.【Wi-Fiアダプタ】ソフトAPモードをファイアウォールへ例外登録したい
 
【対象製品】
LAN-W150N/U2BK , LAN-W150N/U2WH , LAN-W150N/U2KT
LAN-GMW/DS , LAN-GMW/PSP , LAN-GMW/PSO
LAN-SMP/IPH , LAN-SMP/AND
LAN-W150N/U2IPH , LAN-W150N/U2M , LAN-W150N/U2WM , LAN-W150N/U2PSP
LAN-W150N/U2H , LAN-W150N/U2DS
LAN-WN11/U2 , LAN-WN11/U2DS , LAN-WN11/U2IPH , LAN-WN11/U2PSP , LAN-WN11/U2WM




ファイアウォールとは、外部との通信を監視し不明な(怪しい)通信を遮断するための機能です。

ご利用のファイアウォールによっては、ソフトウェアAPによる通信を遮断する場合があります。
そこで、通信を遮断されないように通信を許可する「例外ルール」に設定することで改善します。
以下を参考にファイアウォールへ例外を登録してください。

※ 登録は、お使いのウイルス監視ソフトの設定メニューから行います。
  具体的な方法は、ウイルス監視ソフトのマニュアルをご参照ください。

\Program Files\Logitec\Common\ApUI.exe
\Program Files\Logitec\Common\RaUI.exe
\Program Files\Logitec\Logitecクライアントユーティリティ\SoftAP\ApUI.exe
\Program Files\Logitec\Logitecクライアントユーティリティ\Utility\RaUI.exe


 ドライバは最新ドライバをダウンロードし、インストールを行ってください。
  ■ ドライバ&ユーティリティ for Windows

【参考】

ウイルス監視ソフトは、設定変更の内容が更新されて機能するまでに時間を要するものがあるようです。
設定を変更しても状況が改善しない場合は、パソコンを再起動してからご確認いただくか、
5分程度経ってから再試行してみてください。




下記の登録例は、いずれもWindows標準で搭載されているファイヤーウォールへの例外登録手順になります。
Windows標準のファイヤーウォール以外(※マカフィーやウィルスバスターやノートン等)の操作手順は、
セキュリティソフト会社へお問い合わせください。



<ファイアウォールの登録例:1>

無線アダプタをインストールして頂き、ソフトウェアAPモードへ変更頂く際、
以下の様な画面が表示される場合があります。

プライベート ネットワーク(ホームネットワークや社内ネットワークなど)(R)
パブリック ネットワーク(空港、喫茶店など)(非推奨)(U)

上記2つの項目が表示されておりましたら、2項目共にチェックを入れて頂き、
画面下部の【アクセスを許可する】を押して下さい。
ファイアウォールの例外登録に登録されます。

※画面は参考としてWindows7になります。




<ファイアウォールの登録例:2>

上記の様な、登録例:1でチェックを付けていない場合、或いは、登録例:1の様な画面が表示しなかった場合、
以下の項目もご確認をお願い致します。

※画面は参考としてWindows7になります。


1. 画面左下のWindowsのスタートボタンを押して、下記の様な画面を出して下さい。
  画面が出ましたら、右側にある【コントロールパネル】を選択して下さい。






2. 【コントロールパネル】を選択すると下記の画面が表示されます。
  この中から、【システムとセキュリティ】を選択して下さい。






3. 【システムとセキュリティ】を選択すると、以下の画面に変わります。
  こちらから、【Windows ファイアウォールによるプログラムの許可】を選択して下さい。







4. 【Windows ファイアウォールによるプログラムの許可】を選択すると、以下の画面が表示されます。
  右上の【設定の変更】を押すとプログラムの一覧にチェックを付けれる様になります。

  全てチェックが入っているか、入っていない場合は、全てチェックが入っている状態にして、
  画面下部の【OK】を押して下さい。

 ※パソコンにより、Logitecから始まるプログラムが2項目表示される場合があります。
  その場合は、2項目共、全てチェックが入っているか、入っていない場合は、チェックを付けて下さい。


以上で、Windowsファイアウォールの例外登録が完了です。

※上記手順は、全てWindowsの機能のみとなります。
 Windowsファイアウォール以外のセキュリティソフトが動作している場合は、
 お手数ですが、セキュリティソフトのメーカ様へご確認をお願い致します。





■対象製品

 LAN-W300N/U2SBK、LAN-W300N/U2SWH、LAN-W150N/U2BK , LAN-W150N/U2WH , LAN-W150N/U2KT
 LAN-GMW/DS , LAN-GMW/PSP



作成日時:2010-11-12
更新日時:2019-04-04

▲ページTOPへ戻る
製品Q&A > 【ネットワーク】 > ・Wi-Fi (USBアダプター) > ソフトウェアAPモード
 
製品Q&Aトップページに戻る

このQ&Aについて、アンケートにご協力をお願いいたします。


解決した

解決しなかった


エレコムの公式通販サイトからお知らせ