トップ > サポート情報 > 製品Q&A
製品Q&A
キーワード&文書番号検索
製品Q&A > 【アクセサリ】 > ・PCアクセサリ > クリーニング用品
文書番号:2714
Q.【クリーニング用品】ダストブロワーの廃棄方法について
 

以下の要領で、ガスを使いきってから廃棄してください。
穴あけが必要かは自治体によりますので、各市区町村に確認してください。

 ご注意
 廃棄の際に、自治体の取り決めによって穴あけが必要な場合以外では、
絶対に缶に穴を開けないでください。
また、廃棄の際も、必ずガスを抜ききってから、穴をあけてください。

■ガスを抜く方法

    ※使用しているガスは可燃性です。

      必ず引火する恐れがある火種がないところで行ってください。
      ストーブ、湯沸し器、ガスコンロやたばこなどの近くでは行わないでください。
      また、ガスを大量に吸引すると気分が悪くなることがありますので、
      ガスが充満しない風通しのいい状態で行ってください。


1. 噴射音がなくなるまで使い切ります。

2. しばらく放置して再度噴射します。
  (使い切ったと思っても缶が冷えている場合は、ガスを出しきれていない場合があります。)

3. 穴あけが必要な場合は、火種がなく風通しのいいところで行ってください。
  
    ※穴あけ時の事故が最も多いので、かならず使い切ったことを確認してから穴あけを行ってください。
    ※穴あけの有無は自治体によってよって異なります。
    → 主に缶に残ったガスがゴミ収集車などに引火することがあり、危険を回避するためが理由のようです。

【対象商品】
AD-1234シリーズ
AD-ECOMシリーズ
AD-152A
AD-152シリーズ
作成日時:2009-11-13
更新日時:2018-02-14

▲ページTOPへ戻る
製品Q&A > 【アクセサリ】 > ・PCアクセサリ > クリーニング用品
 
製品Q&Aトップページに戻る

このQ&Aについて、アンケートにご協力をお願いいたします。


解決した

解決しなかった


エレコムの公式通販サイトエレモバ本館からお知らせ

エレコムの公式通販サイト
エレモバ本館からお知らせ