トップ > サポート情報 > 製品Q&A
製品Q&A
キーワード&文書番号検索
製品Q&A > 【メモリ】 > ・ウィルス対策機能付 USBメモリ/HDD/SSD > セキュリティUSBメモリ
文書番号:7117
Q.【セキュリティUSBメモリ・HDD・SSD】に最新のソフトウェア・アップデートを行いたい(USB3.0版)
 
【セキュリティUSBメモリ・HDD・SSD】に最新のソフトウェア・アップデートを行いたい(USB3.0版)
セキュリティUSBメモリ・セキュリティHDD・セキュリティSSD
ソフトウェアアップデート


セキュリティUSBメモリ、セキュリティHDD、セキュリティSSDの
最新ソフトウェアアップデータをご用意致しました。



対象型番 ・MF-PUVT3xxGM
・MF-PUVT3xxGA
・MF-ENU3Axxxxx
・HUD-PUVM3xxGM
・HUD-PUVM3xxGA
・HUD-PL3xxGM
・H-PMPHxxxTMx
・ESD-PLxxxxGM
・LMD-PBLxxxU3BS



SecurityUSB Manager を最新のソフトウェアに更新する場合は以下ページをご参考ください。
Q.【SecurityUSB Manager】に最新のソフトウェア・アップデートを行いたい






ソフトウェアアップデート手順




インストールする前に注意
  MacOS10.8.5以下ではご利用いただけなくなります。
 >>対応OS一覧はこちら

Macではソフトウェアップデートはできません。
 Windowsパソコンをご用意ください。





1.以下、型番に該当するリンク先から、「ソフトウェアアップデータ」をダウンロードしてください。

モデルNo 型番 ソフトウェアバージョン ダウンロード
1  MF-PUVT3xxGM Ver.505 リンク
2  MF-PUVT3xxGA Ver.505 リンク
3  MF-ENU3Axxxxx Ver.505 リンク
4  HUD-PUVM3xxGM Ver.505 リンク
5  HUD-PUVM3xxGA Ver.505 リンク
6  HUD-PL3xxGM Ver.505 リンク
7  H-PMPHxxxTMx Ver.455 リンク
8  ESD-PLxxxxGM Ver.507 リンク
9  LMD-PBLxxxU3BS Ver.507 リンク



2.以下の手順を実施し、「ソフトウェア・アップデート」してください。

①Windowsパソコンに対象デバイスを接続します。
 ※本製品のソフトウェアが起動する場合、閉じてください。



② ダウンロードしたファイルを解凍し、「SoftwareWriter.exe」 を起動します。

  
ご注意内容をよくお読みの上、「OK」ボタンを押してください。
デバイスの復旧を行います。






ソフトウェアアップデート履歴



<Ver507.アップデート内容>
・英語OSの対応 No:8,9
・英語版のマニュアルを追加 No:8,9
・その他バグ修正 No:8,9

<Ver505.アップデート内容>
・トレンドマイクロ製 ウイルススキャンソフトTMUSB2.1のアップデート No:1,2
・トレンドマイクロ製 ウイルススキャンソフトTMUSB2のアップデート先の変更 No:1,2
  変更前:http://tmusb21-p.activeupdate.trendmicro.co.jp/activeupdate/japan (ポート 80/8080)
  変更後:https://tmusb21-p.activeupdate.trendmicro.co.jp/activeupdate/japan (ポート 443/4343)
・ログ閲覧画面のアップデート No:2,4,5
・初期化時に消去証明書(PDF)を発行する機能追加 No:2,4,5,6
・exFATフォーマットに対応(4GB以上のファイル保存が可能) No:2,4,5,6
・macOS11(Big Sur)対応 No:2,5,6
・その他バグ修正 No:1,2,3,4,5,6

<Ver501.アップデート内容>
・位置情報のログ取得を有効にした時、一部環境でネットワークがビジーになる問題を改善 No:8, 9
・ログ閲覧画面のアップデート No:1, 6
・初期化時に消去証明書(PDF)を発行する機能追加 No:1, 6
・位置情報を取得する機能追加(管理ソフトで設定が必要) No:1, 6
・exFATフォーマットに対応(4GB以上のファイル保存が可能) No:1, 6
・macOS11(Big Sur)対応 No:1, 6
・その他バグ修正 No:1, 6

<Ver500.アップデート内容>
・ウイルススキャンソフトウェアに画面を追加 ※対応モデル:No:4
・初期化時に消去証明書(PDF)を発行する機能追加:No:4
・位置情報を取得する機能追加(管理ソフトで設定が必要):No:4
・exFATフォーマットに対応(4GB以上のファイル保存が可能):No:4
・ウイルス検知時に隔離する機能追加(管理ソフトで設定が必要):No:4
・macOS11(Big Sur)対応:No:4
・一部環境でパスワード解除後にウイルスソフトウェアが停止する問題を改善:No:4
・その他バグ修正:No:4

<Ver455.アップデート内容>
・McAfee Anti-Malware Engine 6100 のサポート ※対応モデル:No:4, 5, 7

<Ver451.アップデート内容>
・トレンドマイクロ製 ウイルススキャンソフトTMUSB2.1のアップデート ※対応モデル:No:1, 2

<Ver450.アップデート内容>
・macOS 10.15 / App Notarizationに対応 ※対応モデル:No:1, 2, 3, 4, 5, 6
・トレンドマイクロ製 ウイルススキャンソフトTMUSB2.1のアップデート ※対応モデル:No:1, 2
・マカフィー製 ウイルススキャンソフトエンジンver6000へアップデート ※対応モデル:No:4, 5
・コピーガード機能を修正 ※対応モデル:No:1, 4, 6
・INFO BANKERへのログ送信タイミングの変更 ※対応モデル:No:1, 4, 6
・WindowsXP・Windows Server2003のサポート終了 ※対応モデル:No:1, 2
・その他バグ修正

<Ver417.アップデート内容>※対応モデル No:2, 3, 5
・一部環境にて動作しない問題を修正しました。
・その他バグ修正

<Ver411.アップデート内容>※対応モデル No:4,5
・McAfee Anti-Malware Engine 5900 のサポート
・その他バグ修正

<Ver400.アップデート内容>
・コピーガード機能のWindows10対応  ※対応モデルNo:1, 4, 6
・ライセンス更新:ユーザー負担ゼロ更新対応 ※対応モデルNo:1, 2, 4, 5
・ウイルス検知情報をログへ保存する機能追加 ※対応モデルNo:1, 2
・ウイルス検知情報を InfoBankerへ送付する機能追加 ※対応モデルNo:1
・MacOSX 10.12対応 ※対応モデルNo:1,2,3,4,5,6
・コードサイニング証明書を「2019年03月03日 18:33(GMT+09:00)」まで延長 ※対応モデルNo:4, 5, 6
・コードサイニング証明書を追加 有効期限「2019年03月03日 18:33(GMT+09:00)」※対応モデルNo:1, 2, 3
・その他バグ修正 ※対応モデルNo:1,2,3,4,5,6





対応OS

Windows 7
Windows 8
Windows 10
Windows Server 2008 with SP2
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Mac OS X 10.8.5-10.15.3





作成日時:2016-04-01
更新日時:2021-07-30

▲ページTOPへ戻る
製品Q&A > 【メモリ】 > ・ウィルス対策機能付 USBメモリ/HDD/SSD > セキュリティUSBメモリ
 
製品Q&Aトップページに戻る


ユーザーQ&Aコミュニティで確認する


このQ&Aについて、アンケートにご協力をお願いいたします。


解決した

解決しなかった


エレコムの公式通販サイトからお知らせ