トップ > サポート情報 > 製品Q&A
製品Q&A
キーワード&文書番号検索
製品Q&A > 【ネットワーク】 > ・Laneed(ラニード) > Laneed(ラニード)スイッチングハブ
文書番号:681
Q.スイッチングハブに搭載されている『Auto-MDIX機能』とはなんですか?
 
【回答】
ストレート・クロスの自動判別機能のことです。


【詳細】
従来スイッチングハブ同士を接続する場合、下記の例のように接続に使用するポートによって
ストレートケーブルとクロスケーブルを使い分けなければなりませんでした。

例)
アップリンクポート--ステーションポート⇒ストレート
アップリンクポート--アップリンクポート⇒クロス
ステーションポート--アップリンクポート⇒ストレート
ステーションポート--ステーションポート⇒クロス

しかし、Auto-MDIX機能が搭載されているハブではストレートかクロスかを自動で判別し、
それにあわせて信号を出す仕組みになっております。
そのため、接続するケーブルを選ぶことなくストレート・クロスのどちらのケーブルでもご使用
いただくことが出来るので、大変便利です。

作成日時:2009-11-12
更新日時:2009-11-12

▲ページTOPへ戻る
製品Q&A > 【ネットワーク】 > ・Laneed(ラニード) > Laneed(ラニード)スイッチングハブ
 
製品Q&Aトップページに戻る