トップ > サポート情報 > 製品Q&A
製品Q&A
キーワード&文書番号検索
製品Q&A > 【ストレージ】 > ・NAS > ・【LinuxNAS】2Bay NSR- > その他
製品Q&A > 【ストレージ】 > ・NAS > ・【LinuxNAS】4Bay NSR- > その他
文書番号:5995
Q.【ELECOM NAS】【NSR-シリーズ】初期化手順/リセット方法
 

NSR-MSシリーズ(Linux NAS) 初期化手順




NSR-MS2T2BLB
NSR-MS4T2BLB
NSR-MS6T2BLB
NSR-MS8T2BLB



NSR-MSシリーズ(Linux NAS)を工場出荷時の状態に戻す手順になります。
本体のデータも削除されますので、本手順をお試しの際は、
バックアップを事前にしていただきますようお願い致します。

・NASが起動しない
・Beep音が鳴っていて止まらない
・・・等の場合に有効な手順となります。




 1.NSR-MSシリーズ本体のボタンでリセットする



管理画面で設定された全ての項目がリセットされます。
リセット項目一覧
システムログマネジメント設定 ユーザークォータ設定
システム時間設定 Active Directory設定
通知設定 ネットワークサービス設定
スケジュールパワーオン設定 Rsyncターゲットサーバ設定
NFS共有設定 Data Guard(リモートバックアップ)設定
ACL設定 無停電電源装置設定

※作成したRAID 領域、パーティションおよびRAID 上のフォルダやデータはそのまま残されます。




1.

製品背面のリセットボタンを5秒間以上押し続けます。





2.

本体のリセットがかかりますので、正面のランプが落ち着くまで、そのままお待ちください。


上記でシステムのリセットが完了となりますので、工場出荷時に戻すには、
下記の手順も続けてご操作ください。





 2.RAIDの再構築を行いディスクもフォーマットする




ご注意

この手順を行うと、NSR-MSシリーズに保存したデータは全て削除されます。

そのため、事前にデータのバックアップ をしてから操作をお願い致します。
誤ってバックアップをせずに操作を行った場合、データの修復はできません。




1.

Inteligent_NAS」アイコンをダブルクリックして、起動します。





2.

Inteligent_NAS起動後、自動的に接続可能なNSR-MSシリーズが表示されますので、
IPアドレス等でフォーマットしたいNASかをご確認の上、「次へ」をクリックします。





3.

ブラウザを起動します」をクリックします。





4.

ブラウザが開きましたら、「admin」をクリックします。





5.

パスワードを入力して「ログイン」をクリックします。
※パスワードの初期値は「admin」です。





6.

管理画面が表示されますので、「RAID情報」がショートカットにあればダブルクリックして開いて頂き、
無い場合は、画面左上の「コントロールパネル」をクリックして開きます。




をクリックした場合は、コントロールパネル内の「ストレージ」項目から
RAID情報」をダブルクリックで開きます。






7.

RAID情報が開いたら、削除するRAIDを選択して、画面上部の「編集」をクリックします。





8.

画面下部の「RAID削除」をクリックします。





9.

削除の確認画面が表示しますので、「Yes」と入力します。
※NSR-MSシリーズの内部データが全て削除され、データの修復や復旧が不可能な状態になります。
※確認画面の入力時には、大文字と小文字も判別しますので、「Y(大文字)es(小文字)」でご入力ください。




10.

削除が完了しましたら、もう一度「RAID情報」画面を開き、「新規作成」をクリックします。




11.

RAIDボリューム作成画面が表示しますので、
設定したいRAIDに合わせて利用可能にチェックを入れます。
※下部に記載がある説明にチェックを入れたディスクで設定できるRAIDが表示されますので、参考にしてください。

チェック後、「次へ」をクリックします。


<ご参考>
・RAIDレベル
レベル 説明
JBOD ストレージボリュームは、RAID サポートのない単体のHDD です。
JBOD に必要なディスクは最低1 台です。
RAID 0 データストライピングを実行します。
冗長化はありませんが、
データの速度パフォーマンスは高くなります。
RAID 0 には最低2 台のディスクが必要です。
RAID 1 ディスクのミラーリングを実行します。
シングルディスクの読込速度が2 倍になります。
ただし、書込速度は同じです。
RAID 1 には最低2 台のディスクが必要です。




12.

表示されたRAIDレベルから設定したいRAIDを選択し「次へ」をクリックします。





13.

このRAIDボリュームをマスターRAIDにする場合は、チェックを入れて、「次へ」クリックします。





14.

ストライプサイズとファイルシステムを指定します。
※ストライプサイズのデフォルト設定は「64K」です。

指定後、「次へ」をクリックします。





15.

送信」をクリックしてRAIDボリュームを作成します。





16.

NASのサービスが停止する旨のメッセージが表示しますので、「はい」をクリックして続行します。





17.

画面右下の「終了」をクリックしてRAIDボリュームの作成を開始します。





以上で、RAID構築の操作は完了です。

容量により、構築に必要な時間は大きく変動致しますので、
RAID再構築が完了するまではNSR-MSシリーズの電源はそのままでお待ちください。
途中でコンセント等を抜かれた場合、エラーや不具合が発生する可能性がありますので、
操作等はせずにお待ちください。

作成日時:2014-09-11
更新日時:2019-04-04

▲ページTOPへ戻る
製品Q&A > 【ストレージ】 > ・NAS > ・【LinuxNAS】2Bay NSR- > その他
製品Q&A > 【ストレージ】 > ・NAS > ・【LinuxNAS】4Bay NSR- > その他
 
製品Q&Aトップページに戻る


ユーザーQ&Aコミュニティで確認する


このQ&Aについて、アンケートにご協力をお願いいたします。


解決した

解決しなかった