トップ > サポート情報 > 製品Q&A
製品Q&A
キーワード&文書番号検索
製品Q&A > 【ネットワーク】 > ・アクセスポイント > 初期設定
文書番号:5704
Q.【アクセスポイント】管理画面にログインしたい【設置型】
 
管理画面ログイン手順(初期設定STEP1)



対象型番

●WAB-S300

●WAB-S600

●WAB-S1167-PS

●WAB-I1750-PS

●WAB-M2133

●WAB-S1775

●WAB-M1775-PS



上記以外の型番の場合はこちらを参照ください。





本製品はアクセスポイントの為、管理画面にログインするための設定が必要な場合がございます。


また、初期値ではWi-Fiが無効となっている為、有線接続可能なパソコンが必要となります。


ご使用の環境によっては、パソコンのIPアドレスを固定する必要もありますので、 一時的にIP固定しても問題のないパソコンをご用意ください。





管理画面ログイン手順
1.配線方法
2.管理画面ログイン方法






1.配線方法

使用するケーブルについて

・UTP/STP ケーブルを使用してください。


・1000BASE-TではCAT5e以上のケーブル、100BASE-TXではCAT5以上のケーブル、10BASE-TではCAAT3以上のケーブルを使用します。


・各LANポートはAuto-MDIX機能を備えていますので、ストレートケーブルまたはクロスケーブルを使用できます。




PoE給電対応HUBを利用する場合




PoE給電HUBやPoEインジェクタ等のPoE給電対応機器と「PD(IN)」ポートを接続しパソコンを「PSE(OUT)」ポート、または「LAN」ポートへ接続してください。



※PoE給電HUBとLANケーブルは、お客様で別途ご用意ください。


※上記以外のポートにはLANケーブルを接続しないでください。






専用ACアダプターを利用する場合



パソコンを「PSE(OUT)」ポート、または「LAN」ポートへ接続してください。



※上記以外のポートにはLANケーブルを接続しないでください。


※専用アダプターは付属しておりませんので、別途ご購入ください。


※専用アダプター以外では、動作確認しておりませんので、他のアダプターをご利用にならないようお願い致します。









2.管理画面ログイン方法


本製品のIPアドレス初期値は「DHCPサーバーを使用」となっている為、
PSE(OUT)ポートにLANケーブルを接続している場合、
接続しているネットワークの状況により管理画面へログインする為のIPアドレスが異なる場合がございます。


(LANケーブル未接続時や、上流にDHCPサーバーがない場合は「192.168.3.1」となります。)




以下2つの設定方法のうち、ご利用環境に合った方で設定をお願いいたします。
ご不明の場合は、パターン1からお試しください。




管理画面ログイン方法
パターン1 DHCPサーバーあり、もしくは不明の場合
パターン2 DHCPサーバーなし、もしくはPD(IN)ポートにLANケーブル未接続の場合




パターン1.DHCPサーバーありもしくは不明の場合


1.WAB-MAT Liteをダウンロードする


下記URLを開き、画面下部の「許諾所に同意してダウンロードする」をクリックし、PCにダウンロードします。
(既にWAB-MATを導入済みの方は不要です)



※WAB-MAT Liteとは


弊社法人APの管理ソフト「WAB-MAT」(有償)の機能のうち、ネットワーク内のAPを検出する機能のみを備えた初期導入向けのソフトになります。
 



2.ダウンロードしたフォルダを解凍し、「APManagerLite.exe」を開きます。
 (インストール不要アプリケーションになります)





3.アプリケーションが起動します。以下の画面が表示された場合は「実行」をクリックしてください。






4.画面上部の「AP検出開始」をクリックし、アクセスポイントが検出されたら、管理画面を開きたいアクセスポイントを選択し画面上部の「管理web」をクリックします。





5.自動的にブラウザが立ち上がり、認証画面が表示されます。
  ユーザー名、パスワード共に「admin」と入力しログインしてください。





6.管理画面が表示されれば、ログイン完了です。








パターン2.DHCPサーバーなしもしくはPD(IN)ポートにLANケーブル未接続の場合


1.パソコンのIPアドレスを固定します。
OSにより設定手順が異なります。
ご利用のOSをクリックして、手順をご確認ください。


設定するIPアドレス
IPアドレス 192.168.3.2
サブネットマスク 255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ 192.168.3.1


Windows 11 / 10 / 8

1.「コントロールパネル」を開きます。



<ご参考>コントロールパネルの開き方
Windows11 Windows10
Windows8

2.「ネットワークの状態とタスクの表示」を選択します。


※見当たらない場合は、【表示方式】を「カテゴリ」に選択してください。



3.「アダプターの設定の変更」を選択します。




4.該当する接続アイコン右クリックします。




5.「プロパティ」を選択します。




6.「インターネットプロトコルバージョン4」を選択後、「プロパティ」を選択します。




7.「次のIPアドレスを使う」にチェックを付け、以下の数字を入力後、「OK」を選択します。



IPアドレス 192.168.3.2
サブネットマスク 255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ 192.168.3.1

Windows Vista / 7

1.画面左下の「スタートボタン」を選択し、「コントロールパネル」を選択します。


2.「ネットワークの状態とタスクの表示」を選択します。
  ※見当たらない場合は、【表示方式】を「カテゴリ」に選択してください。


3.「アダプターの設定の変更」を選択します。
  ※Vistaをお使いの場合は、「ネットワーク接続の管理」を選択します。


4.該当する接続アイコン右クリックします。


5.「プロパティ」を選択します。


6.「インターネットプロトコルバージョン4」を選択後、「プロパティ」を選択します。


7.「次のIPアドレスを使う」にチェックを付け、以下の数字を入力後、「OK」を選択します。

IPアドレス 192.168.3.2
サブネットマスク 255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ 192.168.3.1

MacOS X

1.画面左上の「アップルマーク」を選択します。


2.「システム環境設定」を選択します。


3.「ネットワーク」を選択します。


4.該当する接続アイコンを選択します。


5.【ネットワーク】画面の右下にある「詳細」を選択します。


6.「TCP/IP」を選択し、【IPv4の設定】を「手入力」に設定します。


7.以下の数字を入力後、「OK」を選択します。

IPアドレス 192.168.3.2
サブネットマスク 255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ 192.168.3.1



2.管理画面にログインします。


ブラウザを起動し、アドレスバーに「192.168.3.1」と入力し、Enterキーを押します。

対応ブラウザ
Microsoft Edge、chrome ver.23.0以降、firefox ver.17以降、Safari ver.5以降




入力が難しい場合は、以下の数値はリンクになっておりますので、クリックして開くかをご確認ください。


192.168.3.1





3.認証画面が表示されます。


ユーザー名、パスワード共に「admin」と入力しログインしてください。







4.管理画面が表示されれば、ログイン完了です。







初期設定ポータルへ戻る場合はこちら


初期設定STEP2:Wi-Fi設定手順はこちら


その他、法人用アクセスポイントについての疑問につきましては、こちら

作成日時:2014-04-30
更新日時:2022-02-14

▲ページTOPへ戻る
製品Q&A > 【ネットワーク】 > ・アクセスポイント > 初期設定
 
製品Q&Aトップページに戻る


エレコム製品サポートはこらら!製品に関するお困りごとを解決します。


このQ&Aについて、アンケートにご協力をお願いいたします。


解決した

解決しなかった


エレコムの公式通販サイトからお知らせ