トップ > サポート情報 > 製品Q&A
製品Q&A
キーワード&文書番号検索
製品Q&A > 【ネットワーク】 > ・アクセスポイント > ゲストネットワーク機能
文書番号:5696
Q.【アクセスポイント】ゲストネットワークとは?/ゲストネットワークのセパレータは設定できますか?
 
test
 ゲストネットワークの使い方/セパレータについて
社外のお客様の為に、ゲストネットワークを利用いただくことで、
インターネットに通じる事は可能でも、社内ネットワークに入ることはできない
無線のSSID(電波名称)を作成することができます。

ゲストネットワークの設定方法は、以下をご参照ください。
 ゲストネットワーク有効手順

管理画面にログインする必要があります。
管理画面へのログイン方法は、こちらをご参照いただき、管理画面を開いた状態から、
以下の設定をお願いいたします。



1.管理画面上部のメニューから「無線設定」を選択します。


2.左側のメニューから「ゲストネットワーク」を選択します。


3.初期値では「無効」にチェックが入っていますので、「有効」にチェックを付けます。


4.「有効」にチェックを付けると、設定項目が表示します。
  下記をご参考いただき、必要な項目を選択/入力してください。
  必要な項目を設定いただいた後は、画面下部(場合によりスクロールが長くなります)の
  「適用」を選択して、設定を完了します。
  ※「適用」を選択すると、設定反映の為の再起動が始まります。
   カウントダウン終了までお待ちください。


<設定内容詳細>
 無線 2.4GHz / 5GHz 
利用する無線の周波数帯を選択します。(初期値:2.4GHz)
 SSIDの選択 2.4GHz / 5GHz で利用可能なSSID
ゲストネットワーク用に使用するSSIDを選択します。(初期値:帯域ごとの初期SSID)
 SSID SSID選択で選択したSSIDと同じゲストネットワークで使用するSSID
ゲストネットワークのSSIDを入力します。(初期値:各周波数帯の初期SSID)
 DHCP IPアドレス ゲストネットワークで適用するDHCPサーバーのIPアドレスを入力します。
(初期値:192.168.169.1)
 DHCP サブネットマスク  ゲストネットワークで適用するDHCPサーバーのサブネットマスクを入力します。
(初期値:255.255.255.0)
 DHCP リース時間 30分 / 1時間 / 2時間 / 12時間 / 1日 / 2日 / 1週間 / 2週間 / 無期限
ゲストネットワークで適用するDHCPサーバーから割り振られるIPアドレスのリース期間を選択します。(初期値:1週間)
 DHCP 開始IPアドレス ゲストネットワークに接続する無線機器に割り当てるIPアドレスの開始IPアドレスを入力します。
(初期値:192.168.169.100)
 DHCP 終了IPアドレス ゲストネットワークに接続する無線機器に割り当てるIPアドレスの終了IPアドレスを入力します。
(初期値:192.168.169.200)
 ゲスト接続可能時間 ゲストネットワークに接続できる時間を設定します。
(初期値:6時間)
 接続制限時間 ゲストネットワークへ接続できない時間を設定します。
(初期値:12時間)
 認証タイプ ゲストネットワークで適用する認証タイプを設定します。
「認証なし」、「認証画面」、「E-MAIL認証」
 接続制限台数 ゲストネットワークに接続するクライアントの最大同時接続台数を設定します。
設定範囲は、WAB-I1750-PS の場合、1 ~ 50(初期値:50)



<必須設定ではない項目>
・E-MAIL認証
・通信制限
・トラフィックシェーピング
・管理者デバイスのMACアドレス

※以下のプルダウンメニューから選択すると、詳細情報が表示されます。




<E-MAIL認証>

承認したユーザーのみをゲストネットワークへ接続するための機能です。
この機能を有効にすると、ゲストネットワークにユーザーが接続する際にIDとパスワードが別途必要になります。
IDとパスワードは、電子メールアドレスによるユーザー登録が必要となります。
登録後、送付されるIDとパスワードを利用して、ゲストネットワークを利用する事ができます。

 E-MAIL認証 有効 / 無効
E-MAIL認証を利用するかを決めます。(初期値:無効)
 送信元電子メールアドレス  メールアドレスを入力します。
ID とパスワードを送付するメールアドレスを設定します。
 SMTPサーバーアドレス SMTPサーバーアドレスを入力します。
メールを送信するSMTPサーバーのアドレスを設定します。
 SMTPサーバーポート SMTPサーバーで使用する認証に合わせたポート番号を設定します。
465:SSL 、 587:TLS
 有効認証 無効 / SSL / TLS
SMTPサーバーで使用する認証を選択します。
 アカウント SMTPサーバーを使用するためのアカウント名を設定します。
 パスワード SMTPサーバーを使用するためのパスワードを設定します。

<通信制限>

ゲストネットワークに接続したクライアントが、インターネットと通信できるポート番号を制限します。

 利用可能ポート 制限なし / Web・メールのみ
【制限なし】
制限を行わず全てのポートでの通信を可能にします。
【Web・メールのみ】
Webおよびメールに関するポート番号の通信のみ許可します。
「ポートの編集」ボタンをクリックすると、利用可能なポート番号を無効化することも可能です。
初期状態では、以下のポートが利用可能です。
HTTP:80、HTTPS:443、HTTP Proxy:8080、SMTP:25、POP3:110、
IMAP:143、SMTPS:465、POP3S:995、IMAPS:993、Submission:587

<トラフィックシェーピング>

トラフィックシェーピング機能の「有効」または「無効」を設定します。

 トラフィックシェーピング 有効 / 無効
トラフィックシェーピング機能を利用するかを決めます。(初期値:無効)
 レート制限 数値を入力します。
制御する通信量「kbps」を入力します。

<管理者デバイスのMACアドレス>

ゲストネットワークから設定ユーティリティ(管理画面)へアクセス可能な管理者のMACアドレスを登録します。
※ゲストネットワークからは、通常のユーザーは設定ユーティリティー画面へアクセスできません。

 管理者デバイスのMACアドレス 管理者端末のMACアドレスを入力します。


5.続いて、ゲストネットワークのセパレータを設定します。
  画面上部から「無線設定」を選択し、画面左側にある「2.4GHz 11bgn」または
  「5GHz 11ac 11an」内の「セキュリティ」を選択します。
  ※ゲストネットワークで利用するSSIDのある周波数帯の「セキュリティ」を選択してください。


<2.4GHz帯の場合>


<5GHz帯の場合>



6.各項目を設定します。
  画面は2.4GHz帯の画面ですが、5GHz帯の画面も同様に設定を行っていただけます。
  設定後、画面下部の「適用」を選択して、設定を保存します。


<2.4GHz / 5GHz ワイヤレスセキュリティ設定>
 SSID セキュリティ設定するSSIDを選択します。
登録済のSSIDがプルダウンで一覧になって表示します。
 ブロードキャストSSID 有効 / 無効
無線端末側でSSIDの検索可否を決めます。
 セパレーター機能 無効 / STAセパレーター / SSIDセパレーター
無効 ・・・ セパレータ機能を利用しません。
STAセパレーター ・・・ 現在接続中の全ての無線端末間の通信を禁じます。
SSIDセパレーター ・・・ 同SSIDに接続している機器以外との通信を禁じます。
 接続制限台数 WAB-I1750-PS【最大50台】 WAB-S1167-PS【最大25台】
本製品に接続できる最大接続台数を入力します。(初期値:各製品最大値)
 認証方式 WEP / IEEE802.1x/EAP / WPA-PSK / WPA-EAP
各認証方式の特徴は、更に下部の表にてご確認ください。
 追加認証 MACアドレスフィルタ / MACアドレスフィルタ&MacRADIUS認証 / MacRADIUS認証
MACアドレスフィルタ ・・・ 登録したMACアドレスの機器のみを接続します。
MACアドレスフィルタ&
MacRADIUS認証
・・・ 登録したMACアドレスの機器のみを接続します。
また、専用のRADIUS認証サーバを用意することで接続時に、
MACアドレスを利用した認証を行います。
MacRADIUS認証 ・・・ 専用のRADIUS認証サーバを用意することで接続時に、
MACアドレスを利用した認証を行います。


<認証方式別画面設定>
<WEP>

WEPに準拠した無線機器の認証を行います。
セキュリティレベルはあまり高くありません。

 キーの長さ 64ビット / 128ビット
キータイプと組み合わせて入力する暗号キーの長さが変わります。(初期値:64ビット)
 キータイプ ASCII 5文字 / ASCII 13文字 / Hex 10文字 /Hex26文字
ASCIIは半角英数字 Hexは16進数 をそれぞれキーの入力時にご利用頂けます。(初期値:ASCII)
 デフォルトキー キー1 / キー2 / キー3 / キー4
使用する暗号化キーを選択します。(初期値:キー1)
 暗号化キー1~4 キータイプで選択した形式で入力します。


<IEEE802.1x/EAP>

専用のRADIUSサーバーをご用意頂くことでご利用頂けます。
発行したアカウントのみで認証を行いますので、認証を厳格に行えます。

 キーの長さ 64ビット / 128ビット



<WPA-PSK>

WPA及びWPA2に準拠した無線機器の認証を行います。
データの暗号化と認証機能が含まれた二重セキュリティのため、セキュリティレベルは高いです。

 WPAタイプ WPA/WPA2 mixed mode-PSK / WPA2 / WPA
(初期値:WPA/WPA2 mixed mode-PSK)
 暗号化タイプ TKIP/AES mixed mode / TKIP / AES
(初期値:TKIP/AES mixed mode)
 キー更新間隔 0~9999分の間で入力します。
Pre-sharedキーの更新間隔を設定します。(初期値:60分)
 Pre-sharedキータイプ パスフレーズ / Hex
キー入力の際に入力する形式を選択します。
パスフレーズ ・・・ 半角英数字 8~63文字
Hex ・・・ 16進数64文字
 Pre-sharedキー キータイプで選択した形式で入力します。



<WPA-EAP>

EAP認証に対応した専用のRADIUSサーバーをご用意頂くことで、アカウント発行したユーザーのみが
接続できるようになりますので、厳格な認証が行えます。

 WPAタイプ WPA/WPA2 mixed mode-PSK / WPA2 / WPA
(初期値:WPA/WPA2 mixed mode-PSK)
 暗号化タイプ TKIP/AES mixed mode / TKIP / AES
(初期値:TKIP/AES mixed mode)
 キー更新間隔 0~9999分の間で入力します。
Pre-sharedキーの更新間隔を設定します。(初期値:60分)





その他、法人用アクセスポイントについての疑問につきましては、こちら
目的のページが見つからない場合は、
「Google」によるエレコムサポート内検索もお試しください。

Google
WWW を検索qa.elecom.co.jp を検索

※最新情報など、一部ヒットしないページもございます。



  

各種機器との設定方法を紹介しています。
サポートポータル ELECOM SUPPORT (えれさぽ


作成日時:2014-04-30
更新日時:2019-05-14

▲ページTOPへ戻る
製品Q&A > 【ネットワーク】 > ・アクセスポイント > ゲストネットワーク機能
 
製品Q&Aトップページに戻る

このQ&Aについて、アンケートにご協力をお願いいたします。


解決した

解決しなかった


エレコムの公式通販サイトからお知らせ