トップ > サポート情報 > 製品Q&A
製品Q&A
キーワード&文書番号検索
製品Q&A > 【ネットワーク】 > ・LANケーブル
文書番号:4711
Q.【LANケーブル】作り方/必要な工具は?(フラットケーブル編)
 

LANケーブルを自作してみよう!~フラットケーブル編~



フラットタイプのケーブルの自作手順です。
通常のLANケーブルやSTPケーブルの作成手順はこちらをご覧ください。




 必要な部品・工具
スーパーフラットLANケーブル (LD-CTFSシリーズ)
スーパーフラットケーブル専用 RJ45コネクタ
かしめ工具
スーパーフラットケーブル専用 皮むき工具
ケーブルテスター




制作手順

STEP1 外皮むき工具でケーブルの外皮をむきます
外皮むき工具でケーブルの外皮をむきます。
専用工具にケーブルを挟み、グリップを握ることで、ケーブルの外皮だけが切り取られます。 切り取る部分の長さはストッパーの位置で調整することができます。

動画で見る
 
STEP2 ケーブルをブーツに差し込みます
ケーブルをブーツに差し込みます。
専用ブーツにケーブルを差し込みます。ブーツにはガイドとなる溝が設けられていますので、ケーブルの芯とコネクタのピンの対比を参考に、定められた溝に芯を差し込みます。

動画で見る
 
STEP3 ブーツにコネクタを差し込みます

ブーツにコネクタを差し込みます。
ケーブルの芯とコネクタのピンの対比を間違えないように注意します。

動画で見る
 
STEP4 かしめ工具でコネクタを固定します
かしめ工具でコネクタを固定します。
コネクタを奥まで差し込み、ペンチを握る要領でコネクタを締めつけます。

動画で見る
 
STEP5 テスタを使用して導通チェックを行ないます
テスタを使用して導通チェックを行ないます。
完成したら、ケーブルテスタを利用してチェックします。結線ミスがあればここで発見できます。

動画で見る

完成!



 
<ご参考>
⇒ 文書番号:4616 【えれさぽ】LANケーブルの仕様(直径・ヨリ線・単線・配線図)を知りたい(コネクタなし)


作成日時:2013-02-22
更新日時:2016-06-28

▲ページTOPへ戻る
製品Q&A > 【ネットワーク】 > ・LANケーブル
 
製品Q&Aトップページに戻る