トップ > サポート情報 > 製品Q&A
製品Q&A
キーワード&文書番号検索
製品Q&A > 【ネットワーク】 > ・Laneed(ラニード) > Laneed(ラニード)ルーター全般
文書番号:1049
Q.【Laneed】特定のポートを開放したい
 
【質問】
ブロードバンドルーターを使用する際に、ネットワークゲームで必要な特定のポートを開放するにはどうすればよいですか。


【回答】
「ポートフォワーディング」機能の設定を行ってください。
ポートが開放され、ネットワークゲームで必要な通信が出来るようになります。
(機種によっては「バーチャルサーバ」という名称になっております)


【詳細】
例:UDPポート5738を開放する場合の設定方法
 ・LD-BBR4L3、LD-BBR4M3、LD-BBR4L2、LD-BBR4M2、LD-WBBR4L、LD-WBBR4をご利用の場合は、
  このまま下記をご覧ください。
 ・LD-BBR4M、LD-BBR4Lをご利用の場合はこちらをクリックしてご覧ください

<LD-BBR4L3、LD-BBR4M3、LD-BBR4L2、LD-BBR4M2、LD-WBBR4L、LD-WBBR4をご利用の場合>
1.設定画面の「メインメニュー」から、「ポートフォワーディング」をクリックします。


2.以下のように設定を行い、「保存」ボタンをクリックします。
 [サービスポート番号]…5738(TCP・UDPの区別は不要です)
 [サーバIPアドレス]…該当サービスを利用する端末のIPアドレス
 [有効]…チェックを入れる


3.「再起動」ボタンをクリックし、ルーターの再起動を行います。

<LD-BBR4M、LD-BBR4Lをご利用の場合>
1.設定画面のメニューから「基本設定」をクリックします。



2.画面左側のメニューから、「バーチャルサーバ」をクリックします。


3.以下のように設定を行い、「Enter」ボタンをクリックします。
 [プライベートIP]…該当サービスを利用する端末のIPアドレス
 [ポート番号]…5738
 [タイプ]…UDPにチェックを入れる
 [公開ポート]…5738


4.画面上のメニューから「ツール」を選択し、「ルータの再起動」をクリックします。


5.「RESET」ボタンをクリックし、確認メッセージが表示されたら、「OK」をクリックしてください。ルーターが再起動されます。



【注意事項】
※1つのポートを1台のクライアント(PC)に対して開放する機能になります。
 1つのポートを複数のPCに対して開放するという設定は仕様上出来ませんので予めご了承ください。

※当社ルーター以外のルーター、及びルータータイプのADSLモデム等をご利用の場合は、個々の機器にも設定を
 行う必要があります。
 また、セキュリティソフトやWindowsXPのファイアウォール機能をご利用の場合、ソフトウェア側にも
 設定を行う必要があります。
 設定方法につきましては各メーカーまでお問い合わせください。
※ネットワークゲームでご使用不能の場合、別の要因も考えられます。
 お手数ですがご利用のプロバイダ様にお問い合わせください。
 (例)ぷらら様のセキュリティ機能「パケットフィルタ」の影響による不具合
作成日時:2009-11-18
更新日時:2016-07-13

▲ページTOPへ戻る
製品Q&A > 【ネットワーク】 > ・Laneed(ラニード) > Laneed(ラニード)ルーター全般
 
製品Q&Aトップページに戻る